摩天楼の恋猫

Webサイト「OZの特撮使い」管理人が思いつくままの気まぐれな雑記。
平成仮面ライダーシリーズの感想やロケ地巡り、東京散歩など。

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:OZ@管理人
>華岡さん

どうもこんばんは(って、現地で今何時??)
ここ2、3日バタついていてレス遅くなりました。

現在の響鬼については、何と言うかもう、「両極端」と言うしかないですね。
旧響鬼と新響鬼は対極の位置にいる感じです。
今まで曖昧で想像する楽しさがあった部分は、はっきりくっきり明確で想像させる余地を与えないストレート勝負。
マカモウの分析などの猛士としての活動や、たちばなでのお客さんとのやりとりなど、これまで丁寧に描いて来た部分は、すっ飛ばしの省略しまくり。
つかず離れずの微妙〜な「幼馴染」だった幼いカップルは、恋敵の登場で急展開を迎える。
などなど、ひとつひとつ潰して行けばキリがないほどですが(^^;

今まで、こと平成ライダーに関しては、広げるだけ広げた風呂敷をまとめるのが不安視されがちだった井上氏が、今度は他人の広げた風呂敷をたたまなきゃいけないんですから、急展開続きでも仕方ないのかなとは思います。

もちろん色々不満はあるけれど、それは最終回を見てから言ってもいいんじゃないかなと思っています。
「終わりよければ全てよし」という言葉もありますからね♪

http://www.bekkoame.ne.jp/~ton2/buhi10.htm
投稿者:華岡 紬
OZさま、こんばんは〜。

妹と電話で話していたとき『響鬼』のラブコメぶりを語ってくれました。
妹の話を要約すると
「伏線&描写で語ってきたものが、いきなりストレートに説明されだした感じ。
ジェットマン状態!!」
とのことです。
私と妹にとって井上敏樹という脚本家は『ジェットマン』の産みの親なので、どうしてもそういうふうに意識してしまうようですね。

私は井上脚本になった『響鬼』を観ていないのですが、
他人が産んで途中まで育てた作品を引き受ける方も相当大変だろうと想像しています。

それにしてもテレビでパワーレンジャーしか観られない生活はやはり物足りないです。
『ライスピ』の滝のセリフそのまんまに
「この国にMasked Riderはいないからな」って感じですねえ。


http://plaza.rakuten.co.jp/washidzukami/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ