2008/4/26

Souleiado  

フランス・プロバンス地方の草花などをモチーフにしたプリント生地、ソレイヤード。
日照時間が少ないフランスの北部の人間にとっては、太陽を連想させるソレイヤードの布は憧れ。だからテープルクロスやクッションにして家の中に置くんでしょうね。
私にとっては色合わせの妙を感じる布。

そのソレイヤードの布を使ったキットが潟Tンヒットさんより発売されます。(5月7日発売)
贅沢に内側も外側もぜーんぶソレイヤードです。
また同日発売のコットンフレンド夏号にも紹介されます。
そして、5月8日から10日のホビーショー(東京ビックサイト)の潟Tンヒットさんのブースにてキットは購入できます。
さらにさらに、この作品の作り方の番組も制作中です。詳細は近日中に。
0



2008/4/27  11:23

投稿者:幸手のとなりのMI

先生、さすがの記憶力です。初めの頃は特にプロバンス柄が気に入っていて、よく買って使いました。
先生の作品を拝見してからは、可愛い柄も使うようになりました。
トールは薔薇ばかりなので、カルトナージュはいろいろな物に挑戦してみたいです。
お返事は遠慮します。先生とってもお忙しいのでーーー。

2008/4/26  16:55

投稿者:yokkei

MIさま
いえいえ、サンヒットさんのキットも自分がらみです。そんな遠慮深い、慈悲深い、シスターのような性格ではありませんよ。
プロバンスの布は有名、無名、いろんなものがあり、値段もピンきりです。我が家ではがんがん洗濯するテーブルクロスは市場で売っている安価なプロバンスの布で作りました。大事な袋物や箱はSOULEIADOです。
プロバンスの布は、太陽が恋しいと言うような環境ではないので、家の中にすこしだけあるくらいですが。。
MIさんはこのような布はお好きですか。楕円の箱がオリーブ柄でしたね。


2008/4/26  14:51

投稿者:幸手の隣のMI

楽しみです。先生は自分のもの以外は一生懸命宣伝しますねぇ。だから余計に人が寄ってくるのですね。
ふむふむ。
先日の「mama's camera」もここに載せてくださったので、買えまして、とても良かったです。スクラップブッキングの知り合いにも見せたら、「あ、いいね、買う買う」とのことで、役に立ちました。
「刺繍通信」もとても良かったです。いろいろな情報、ありがとうございました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ