2005/10/6

カルトナージュの道具と材料  

昨日はカッター君の話だった。
おとといはPapieriumの話だった。
パリから帰国した当初の事を思い返すと、すこしづつではあるけれどカルトナージュ環境が整ってきたなあ、と。
ここまで思ったよりも長かった。
帰国したときにはまだカルチャーではカルトナージュの講座はなくて、私の講座が半年後に始まる事になっていた。Encadrementの講座をしていたパリからの帰国先輩にお話を伺い、手探りで道具・材料を探し始める。これがなかなか苦難の道。紙業者、、、なんて書いてある会社に飛び込んでみたり。。。
2001年4月に私の本が出版されてからは、名刺代わりに、カルトナージュの説明をする代わりに、とにかく本を持ってあちこちめぐった。
この本も売れなかったなあ。今年に入ってようやく私の手元に数冊残るだけとなったが、時間がかかりすぎた。でも初版の2万部を売り切った事に自己満足はしている。だって2万人が持っていてくれるんだから。(もちろん古紙行きもあるのよね)でもでも図書館にだっておいてあるし、見ていただいたかたは2万人以上かもしれない?!
話はもどるが、今は「カルトナージュ」に期待してくれる企業もちらほら。Skyvertexだってアメリカの本社に電話していた頃が懐かしい。アメリカ本社→日本支社→名古屋の老舗の紙問屋と、ようやく自分に便利な道ができた。(注:私はフランス語読みでスキヴェールテックスと言っているが、英語ではスカイヴァーテックス、きっと日本語がスキバルなのか、と思う)
こうやってひとつづつ便利になってきた。
今はカルトナージュ用ののりを開発中。こうご期待。<つづく>
0



2005/10/7  21:37

投稿者:pecoさん

こちらこそ宜しくお願いします。
今習っている先生には、購入場所をいろいろ教えていただいて作りたい時に買いに行ける様になりましたので とっても助かっています。

2005/10/7  17:53

投稿者:yokkeiさん

PECOさま
そうですか、材料探されたんですね。
基本的には聞かれればなんでもお教えしておりますが、最初はお教えしたくても小売してくれないところだったり、辺鄙なところだったり。そうすると「自分で作れないのならや〜めた」となってしまいますよね。
これからもよろしくお願いします。

http://members.aol/papier75/

2005/10/7  15:00

投稿者:pecoさん

初めまして♪
ブログ開設当初からお邪魔していました〜。
今はカルトナージュ人口がとっても増えましたね。
ブログでも去年検索してもあまりヒットしなかったのが、今はすごくヒットします。
それもひとえに先生のご活躍があってのことと思います。
カルトナージュの材料探しは、習っているものとしても、大変でした。
私はそのとき、講師の方から購入していたのですが できれば自分で入手したかったのですが 教えてはいただけず それから私の材料探しが始まりました。
でも 今は本にも掲載されるようになったし 去年に比べるとよくなったのかなぁって思います。

今、先生のお弟子さんに習っているんですよ。
とても丁寧に教えていただいて、やっと角の始末がわかりました。
今も楽しく教えていただいています。
カルトナージュはとっても楽しいです。
こんなステキなものを、フランスから持ち込んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
新たな世界が増えました。
これからも 楽しく読ませていただきます。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ