2006/4/30

カルトナージュ用ののり  

先日アトリエパピエ75の先生方と集まった時に出た『のり』の話題。
望月鰍ナ売り出したのりを使わなければいけないか。

クリックすると元のサイズで表示します
                  500g  720円
こちらののりは無酸で国内で売られている同種類ののり中では破格にお安い。
が、木工用ボンドに比べるとお高い。

カルトナージュに無酸のりが必要か。
これは作者の考え方次第だと思う。

私自身はカルトナージュで作る作品は、毎日の生活の中に生きているべきだと思っている。(たくさんの冬眠中の作品がある、と先日書いたばかりだが。)
つまり毎日使っていれば作品は傷む。
私は子供のために作る作品が多く、彼らは1年経つと好みも変わってくる。ピンクが好きだった娘が「かわいい!!」と飛びついてくれた箱も翌年には、「子供っぽい」と。そのたびに好みのものを作ってあげることができるのカルトナージュだと思う。わざわざ買う必要はないけれど、今だけ必要な子供のためのものって多いと思う。フィギュアを入れる箱、子供のお尻がのるくらいの椅子、そしてたくさんの宝箱。(母は捨てて欲しい中身でも。。。)

木工用ボンドでかれこれ6年ほど経過した作品ものりの影響はなく、それなりの年季がはいっている。これが10年、20年経ったときにどれだけ酸性のりの影響で、黄ばんだりするのだろうか。そう考えれば、これまでの木工用ボンドを水で薄めながら使う。
が反対に、思い出の布(母の着物など)や大事な写真や絵を使った作品にはのりの影響が出ては困る。そういったときには望月さんと見つけたこちらののりが適している。
また木工用ボンドのように水で薄める必要がない。原液のままでも使用できる便利さを優先させる方には◎。濃度はゆるいがしっかりつく。
手やはけにつくと木工用ボンドとは異なるベトベト感があるが、お湯でしっかり洗えば平気。

そんなわけでのりの宣伝をしたのか、売上の妨げになるような事を書いたのかはわからないけれど、その方の考え方によってのりも使い分けると良いと思う。
お家に1つあってもいいかな、こののり。
よろしく。
0



2006/5/6  17:45

投稿者:yokkei

kinokaさま
そうですか。研究熱心なkinokaさんにそのように評価されてのりも喜んでいるでしょう。
どうしても価格がネックになっているなあ、と感じているので。
手やはけに残る木工用ボンドとは異なるベトベト感はどうですか。最初はとまどいますよね。
こののりは、カルトナージュのみならず製本されている方にも喜んで頂いているようです。

2006/5/5  23:28

投稿者:kinoka

無酸のり、使ってみました。良かったです。
濃度は本当にゆるいですね。刷毛にたくさん付けると、目的の箇所へ着く前にポタポタと落ちてしまうくらい柔らかかったです。それに手早く作業しないと、どんどん厚紙に吸収されてしまうように感じました。しかし一方で、ゆるいということは、たくさん塗ると糊の水分が布へ染みてしまう気がして、塗る量に迷いながら使用しました。
でも、これらの問題は「慣れ」で解消されるでしょうし、私はとても気に入りました。ゆるい分、広い面に塗り易いです。それに、塗っている途中でケント紙が丸まりにくいように感じましたが気のせいかな?薄める必要がないのも嬉しいですね。
使う人の好みにもよるでしょうが、私はこれからも使ってみようと思いました。この糊に慣れたら作業が早く進みそう。しばらく練習してみます。

http://stepbiyori.tea-nifty.com/dan/

2006/5/3  0:03

投稿者:yokkei

ねろりん様
ふふ、息子さん綺麗なものがお好きなんですよね。
使ってくれていいですね。

無酸のり、是非お試しください。
楽しみにしています。
水で薄めなくていい、というだけでとても便利に感じたりします。

2006/5/2  11:47

投稿者:ねろりん

 無酸のり、まだ、使っていません。木工ボンドと比べるとお高いし、永久保存版の作品もまだ、まだ、作ることもないので・・・。
 でも、何だか本格的なカルトナージュ作りという気がして、毎日眺めてはいますが・・・。
 最近、試作品や失敗作(大きさや形が本来の用途に今ひとつ合わなかったもの)は、ほとんど息子のガラクタ!いえいえ、お宝モノ箱になっています(笑)
(友達の前では、花柄の箱類は母が勝手に置いていったということになっていますが)
 このような子供のものは、無酸のりはもったいないですね。
 でも、自分用のものには、使う価値あり、かな?
ケチで自己中な性格が出てしまいました(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ