処方薬  スイス

医師と薬剤師は患者に投薬する場合、
効用、副作用など全ての説明責任があるはずです。

スイスでは、処方薬も薬品会社が製造した投薬用の小箱入りで、この薬の成分、効用、副作用、危険性等全てが記載されています。当然の事だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
日本はどうでしょうか??
昔は医者が薬品名も知らせずに投薬していました。
最近は処方箋薬局で、写真と名前と用法の簡単なチラシは寄こしますが
こちらも相変わらず、この薬がどんな成分で危険性、副作用があるかなど、
本質的なことは書かれていません。
そしてこの「チラシ」一枚、100円だそうです。
http://riso-riso.com/05dairy4.html
0



2006/3/26  17:42

投稿者:ofuran-su

とにかく負担を患者側に回したいということでしょうね。でも製薬会社が作った処方箋には、たぶん裁判とか責任問題の都合なのか、副作用の危険性ばかりが細かく書いてあるので、これを渡されても微妙に偏った知識を与えられてしまいそうです。非ツヨなのに、飲めなくなるとか・・。こういうところにこそ、もっと人の知恵が介在してくれなくちゃ困りますよね。

2006/3/25  0:03

投稿者:shamon

こんばんは^^。

>そしてこの「チラシ」一枚、100円だそうです。
はぁ?って感じですね(-"-)。

私がかかりつけにしている個人病院は処方箋薬局を使いません。なぜなら

「まず間違いが発生する確率があるから。そして患者さんに500円余計に負担させることになるから。」

という先生の方針で。

知らず知らずのうちに必要のないお金を取られてる、なんていい気がしませんね。

2006/3/22  12:51

投稿者:chiaki

トラックバックをしていないので、リンクを貼ってくださったんですね。ありがとうございます。
今まで100円かかる事を公表、明記されておらず、しかも4月から強制的にチラシが含まれるそうです。
チラシの必要性は別問題として、やり方に問題がありますね。

http://riso-riso.com/05dairy4.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ