最高の人生の終り方  暮らし、生活

咲くを待ち

散るを見送る

花の下



3月31日のこのブログで紹介した「岩淵水門」へは母を車椅子で連れて行き、
まだ桜はつぼみでした。
翌週、孫達が同じ荒川土手の満開の桜並木へ車椅子を押してくれたと、
母からうれしそうな電話がありました。その10日後、

この俳句を残して、大正8年生まれの母が93年の生涯を終えました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ