2012/9/13

911  複数

クリックすると元のサイズで表示します
花は咲く


この夏、週末に福島へレスキューに行くと、あちこちに百合の花を見ました。
白い百合、こんなふうにピンクの百合。

こんなにたくさんの野に咲く百合を見たのは初めてかもしれません。

去年の夏は2ヵ月ほどブランクがあって、レスキューを再開したときは必死で、
あまり周りの季節のことなどは記憶にないのです。

エスパーのこととか。保護枠がないのに保護してしまった、はなちゃんのこととか。
(どちらも良縁を得ました。ありがとうございます)

粘っても粘ってもうまくいかなかったことなどとか。

でもまあ…もしかしたら、うまくいくことのほうが少ないのかもしれないし、
もしかしたら、そのほうがちょうどいいのかもしれない、なんて思ったり。

何もかも自分の思いどおりにうまくいくなんてありえない。

神様ではないのだし。

筒井康隆の「七瀬」ではないのだから、自分にとってパーフェクトの世界というのはありえない。

所詮、自分にできるのはこの程度。

そんなふうに思いながらも、かといって捨て鉢になるのでもなく。

この程度と思い知りながらも力を注ぐことが大切なんだと思います。

そして何より、続けること。

続けられることに感謝すること。

それは自分ひとりの力では決してないし、応援してくださり、支援してくださる方々がいてこそ
これまで続けてこられたのだと。

なにより。プチポンの仲間がいて、にゃんこはうすやレスキューの仲間がいるからできることで。


今週の9月11日は、アメリカで同時多発テロが起きて11年。
昨年の震災から1年半。



夜空の向こうの 朝の気配に
わたしは なつかしい
あの日々を 思い出す



久しぶりにかかりつけ獣医のところにうちの猫を通院(3年ぶり)。
年相応に(この11月で13歳)肝臓の数値はギリギリ。

獣医師の先生は、その時ハマっている音楽をエンドレスに待合室に流しているのですが、
今のマイブームは「花は咲く」でした。

被災地の復興を応援するテーマソング。

最近では、ピアニストの辻さんやオペラ歌手の森さんの「花は咲く」に心が惹かれます。



花はいちばんの供養だから。


父が亡くなったとき、お寺の住職が言っていたのがずっと胸にあるのですが。

人が住まなくなった町へ行くたび。

誰に見られるでもなく咲く花々が、
何を訴えるわけでもなく、ただひっそりとそこに咲いている。

その風景に自分がいること。いられること。何がしかできることに感謝して。
祈りにも似た感情がわいてくるのだけれど。

今週末も行ってきます。


先週末も行ってきたのですが、アップしようとした写真が別のパソコンに入っているので、
初めて未報告のまま次のレスキューに突入です。

続く暑さにさすがにバテ気味。

プチポンの保護猫たちに動きがないのも。
ユリアの調子が悪かったり、気がかりのコもいたり。

保護部屋に入れられず各自の家(空蝉さん、サヴァさん)預かりだったり、
つかさは相変わらず病院に避暑中だったり。

無風状態というのも、いつまでも続かないと信じて。

苦しい時は上り坂。と、友人が自分を励ましていたのを思い出したり。


がんばれますように。

目当てのコを無事保護できますように。


クリックすると元のサイズで表示します
アージ 里親募集中



このコは気立てがよい。

器量よし、というより気立てがよい、というのがぴったり。

新人のユリアがなかなか溶け込めずにいるのに、アージはちゃんと受け入れてくれるし。
人間にもすり寄ってくるし。

いい猫です。


お問い合わせお待ちしています。

サンクロウもジュリアンも、グリオも。

ひばりも、デールも。

気になっている方がいらしたらぜひ。




*****

ねこちゃんストラップ新作6点入荷しました!(8月17日) ファブリックボード残り1点もお見逃しなく。

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


12
タグ: 東北  里親募集



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ