2013/11/29

子猫、母さんのいきさつ  複数

市内中心の目抜き通りをちょっと入るとまるでラビリンス。
廃屋や、草の生い茂る細い抜け道があってびっくりです。

サヴァはペーパードライバーなので、基本どこにでも歩いて行きます。

その夕方も、ちょっと裏道を探検していたらその別世界に迷い込み…

そこで子猫達と三毛のお母さん猫に出会いました。

子猫もお母さんも「しゃー」とか言いながら、足元からつかず離れず。
どうもお腹がすいているらしい。
しかも、夕闇が濃くなる時間に親子連れが外にいるなんて、飼い猫じゃない…

ポケットに隠し持ったパウチフードを上げたのが始まり、
それから毎晩ご飯を運び、母さんと子猫達はいつも待っていて…
2週間が経ちました。

初雪の便りが盛岡に迫っていました。
子猫は冬は無理だろう。
「秋子(あきご)は育ちにくい」というのはそのことをいうのでしょう。

プチポンの収容能力は厳しいことは分かっていましたが、何とか助けてやりたい…
いい里親さんをみつけてやりたい…
プチポンの仲間に相談し、賛成してもらいました。

そして保護。運転できないと本当に機動力がないと痛感しました。

多紀さんが仕事の合間を縫って3匹の子猫とお母さんを保護してくれました。
通院はお手伝いして下さるTさん、搬送のボランティアを買って出てくれたSさん、Aさん…

皆の協力で、雪の降る前に母子は無事にプチポン猫の仲間入りをしたのです。



クリックすると元のサイズで表示します
「生後2ヶ月位」とのことです。
3匹とも男の子。
左から、チャイ、ラテ、ココと名づけました。

クリックすると元のサイズで表示します
左から、ラテ、チャイ、ココ。
もう少ししたらウイルス検査ができる月齢になります。

クリックすると元のサイズで表示します
保護して本当に良かったのは、チャイが右手の平に何かを踏み抜いたらしい怪我をしていたことです。目下、この治療のため、2日おきに通院しています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらお母さん。
先生もほめて下さった美三毛猫です。
本人もついこの間まで中猫だったような華奢な体型をしています。
人馴れはまだこれからですが、段々緊張が解けてきているように思います。

先日無事に避妊手術も済ませました。

新入り猫、一生懸命人との生活ができるようにケアします。
応援どうぞよろしくお願いします。






*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


23
タグ:  里親募集 東北



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ