2015/7/29

気配  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します

朝の9時前なのに、すでに30度越え




7/25(土)〜7/26(日)、福島へ行ってきました。

今回は、ゆきちゃんとふたりで旧圏内の給餌に回りました。

蒸し暑く、なかなかヘビーでありました。


クリックすると元のサイズで表示します

オリヅルラン



クリックすると元のサイズで表示します

ノウゼンカヅラ



なんというか。すべてを覆い尽くすかのごとく、

緑の勢いに圧倒される圏内でした。



イノブタに外された戸をはめ直した際、うっかりカメラを置き忘れ、引き返したのですが。


そのとき。

道路脇の茂みの中から、「ガサッ」と物音がしたのでした。


まさか、戻って来るとは思わなかった、生き物の気配。


日中の、この炎天下で。

猫?


前に、あんずを保護したときも。ダーッと逃げるわけではなく。
ガサッと、近くの草むらに気配を殺してその場にいたことを思い出しました。

以前、カメラに映ったキジトラだろうか。


仕掛けた捕獲器には、今回もアライグマが入っていました。


2年前のこの日、野馬追の神事があった時期に保護したキジ白くんを「のま」と名付けたことにちなんで、

猫が入るといいなと、のまを保護した場所に捕獲器を仕掛けたのでしたが…。

双葉町、大熊町。

原発に近い一般住宅は、除染もされず。

すべてをのみつくすかのような緑。


クリックすると元のサイズで表示します



それでも。

隔週末のレスキューは続いているので、応援してくださるとありがたいです。

給餌に必要なものリスト

どうぞよろしくお願いします。
*****

←収益は保護猫たちのケア治療費、ごはん代に。新作、少しずつアップしています〜


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

11
タグ:  ペット 被災



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ