2016/6/15

忘れないよ  ヒゲゾウ♂

耳元で何度も「よくがんばったね」って撫でるとかすかに尻尾が動きました。

どんな河原時代を過ごして来たのか、そこに関わった方たちの想い
涙ながらに託して下さったという日からプチポンでの日々
胸が熱くなります…

2014年6月25日、避暑にやって来たひげさん
やっと心を開いてくれるまでになったものの
ときおりのひげパンチにオドオドしながら
キャリーに入れたこと、なつかしく思い出されます。

夏が過ぎ、秋風が吹くようになっても、当然のようにそばにいて
いつしか預かったコの中で1番長く過ごし、まもなく2年を迎えるはずでした。

何度かの不調を乗り越え、小さく軽くなってしまったひげさん
穏やかな日が少しでも長く続くことを願いながら過ごしていました。

(5月31日撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

撮影翌日の夕方から様子が変わり、その後少し持ち直したかに見え
2日朝一で、かかりつけの病院ではなく近くの病院へ連れて行きました。

血液検査の結果はかなり悪く…
せめて苦痛のないよう穏やかな時間をと願い
その日から体が楽になるという点滴に毎日通いました。
夜は家で、補液と強制給餌を続け
9日、再度血液検査
点滴効果は見られるものの更に白血球の数値が上がっていて…

(5日の点滴後)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


10日の日、ずっと横になったままで…時折ふらつきながら場所を変え…
ひげさんにはあまり時間が残っていない、どんなに辛くてもひとりで逝かせたくない
それでもまさか今日とは思わずにいて。まさか今日とは…
けれど、お見舞いに来てくれるという空蝉さんに「早く来て!」と知らせたのでした。
ひげさん、連れて来てくれた空蝉さんをギリギリ待っていたかのような…

14時20分頃、あまり苦しむこともなく旅立って行きました。
いつも悲しく、辛い別れの時、空蝉さんと看取ることが出来ました。


その夜、にゃろぼんママがお別れに来てくれて

翌日の11日、ひげさんはなつかしいみんなのいる空へ帰って行きました。

くしくもその日は「ひげぞう」と命名された日とのコメントをいただき…

日に日に寂しさがつのります…
クリックすると元のサイズで表示します


たくさんの本当にたくさんの応援、ご支援、ありがとうございました。
ひげさんにもきっと届いていたに違いありません。

ひげさん、プチポンに来てくれて、家に来てくれて、ありがとうね。

河原時代の画像を見せていただきました。
涙があふれました。
ありがとうございました。


*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

29
タグ:  里親募集 東北


コメント

2016/6/17  11:52

投稿者:リボン

アイさん、空蝉さん、プチポンの皆様、本当にありがとうございました。ヒゲさんの魂とともにこれからもプチポンさん応援しています。

2016/6/16  17:09

投稿者:ひよしまるくん

当時の切迫した気持ちがまるで昨日のことのように
よみがえります。助けなくちゃ助けなくちゃと
ただ胸がいっぱいで、身柄を拘束されて動転した
ヒゲゾウくんが不安の局地でケージの6面に体当りする
姿を一晩、本当に切なく、苦しく、そばで見ていました。神奈川から盛岡へ、保護した翌朝
キセキの搬送でした。
沢山の愛情を頂き、沢山の暖かい仲間たちと出会い
少しずつ溶けていった歳月・・

なんと幸せな生涯を送れた子かと
祝福してあげたく思うのです。
どこで生まれたのか、どうしてひょっこり現れたのか
誰にもわかりません。ヤサグレ時代の懐かしい写真を
見るたびに、プチポンに行けたことは
この子に神様がふりかけてくださった
魔法の粉の仕業に違いないと確信するのです。
いつか会いに行ったら「お、お前は・・」と
後ずさりされるのではないかと、あるいは
全く知らんぷりでちょんまげしっぽをブンブンされる
のではないか、と、再会を夢見ていました。
抱っこされる様子を見て、やーいやーい、と
からかってやろうとも思っていました。
お空に昇って行ってしまいましたね。
無性に悲しく、ただただ恋しいです。
無性に悲しく、冥福を祈っています。
河原の頃から思ってくださった皆さま
プチポンで見守ってくださった皆さま
ほんとうにありがとうございました。

2016/6/16  13:45

投稿者:noname

ああ、とうとうヒゲさんは儚くなってしまったんです
ね。
我が家の猫たちを譲っていただいた方から
河原猫のブログを紹介され、むさぼるように
読んだ時がなつかしいです。
そしてあのやさぐれヒゲさんがプチボンで他の猫たちと
仲良くしてるなんて!と驚いたものです。
猫も環境次第でさまざまに変わるものなんですよね……
ヒゲさんお疲れさま。
私も今いる命を大切にしていきます。

2016/6/15  21:58

投稿者:CCC

アイさん、献身的な看病ありがとうございました。

ひげさんの歩いている姿はしっかりしている様子で
わずか数日後に急変するなんて想像もできない感じですよね。

ひげさん、生まれかわったらアイさんのもとに戻ってきてね。

2016/6/15  12:29

投稿者:りんご

アイさん、ぷちぽんの皆さま、そして、ひげぞう君、本当にお
疲れ様でした。
ひげさんには、お会いできませんでしたが、
写真展で購入した、ひげさん模様のエコたわし、未だに使えず
部屋に飾ってます。
今後も大切にいたします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ