2011/10/29

好天は続く  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します
幸福の青い風呂敷、大活躍


今日は関東へ、まみちゃんのお届けでした。
暖かく(岩手からだと暑かった〜)、天気に恵まれて
最高のお届け日和となりました。

まみちゃん、がんばりました〜。

↑ってこれだけ??と思った方、すみません〜。
幸福の余韻に浸りつつ、本日はとりあえず更新になってしまいました…。

明日は空蝉さんと青森へちゅんちゃんお届けに行ってきます。

(月曜納期の仕事が終わってから、お届けの様子などは改めてアップいたします)

クリックすると元のサイズで表示します
ゼフィルスの雲(と勝手に読んでいる)


身軽になった帰り道。電車の窓から見える空の雲が、
ギリシャ神話の西風の神、ゼフィルスが乗っていそうなかたちで思わずパシャリ。

ゼフィルス。春風の神でもあり、花と幸福を運ぶという。

この良縁に感謝します。

クリックすると元のサイズで表示します
ななぼへ


まみちゃんのホストファミリーになってくださった56cchiさんから
ななが天へ還った週にいただきました。
56cchiさんとはiPhoneの写真投稿SNSで知り合ったご縁です。

全員男子の3にゃんがいる様子を写真を通していつもにやにやしながら拝見していましたが、
実物のにゃんこくんたちに会えて、これもまた嬉しかったです。
特に三男坊の伶くん最高!


やっぱり一家に最低一匹、猫はいたほうが人生何かと楽しいよなあと
改めて思ったひとときでした。

猫はいいですよね〜〜。

*****

福島のペットレスキューをしている方たちのブログを見ていて、いろんなことを思います。

圏内から連れ出した犬や猫たちのスクリーニング検査を行った結果、
基準値を越して「汚染された」動物はいまだかつて一匹もいない。
そう福島県では回答しているのに、なぜレスキューがもっと大々的に行われないのか。
それぞれ専門分野、得意分野があるように、なぜ動物の民間ボランティアに
レスキュー許可が下りないのか。
レスキュー参加を表明、登録した獣医師が全国から150人というが、
あまりいい結果を出さなかったので止まっているとのこと。
福島県の保健所職員が頑張ったところで、取り残された動物たちの数を思うと、
とても足りないのは明らかなのに。
環境省では、全国の自治体に応援を呼びかけると回答したそうだけど…。

(たまき雄一郎議員のブログ記事を参照ください)


福島県の担当部署に電話して圏内レスキューのことを聞いたり、
ツイッターでたまき議員にお願いしてみたり。
いっそ福島県のシェルターにボランティア参加してみようかと思ったり。
ミグノンさんのブログを参照ください)

でもにゃんこはうすだって人手不足だし。
(来週末からはまたレスキューに参加させてもらう予定だし)

うちのとらまるさんの記事を見ては、そう、できることを!と思ったり。


福島の圏内のことは、まだまったく終わってはいないのです。
もう済んだこと、仕方のなかったことと忘れ去られることが怖い。

犬猫みなしご救援隊さんの記事を見て、深く心に響いた言葉。

すべての
命を

助けたいけど

そこまでの
ちからが

私たちには
ありません。
ただ

【救える命は
救うべき】

これだけは
動物愛護家として

守っていかねば
ならんのです。



そう。
いつも己の非力さに打ちのめされるのだけど、
できることはある。
助けを求めている犬や猫たちの姿を見ているだけに、
力を尽くしたい。

そう思うのです。





*****







東北地震犬猫レスキュー.com








警戒区域に取り残された全動物の早期完全救出を求めるWeb嘆願署名

さようなら原発1000万人アクション

*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


7
タグ:  ペット 被災



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ