掲示板









お名前教えてにゃ







占ってみる?

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:リコ
いちごさんも、宵っ張り仲間ですか?
お世話が多いと、寝る時間もかなり遅くなってしまいますよね。

蛋白同化ホルモンは、エリスロ普及以前に貧血に使われていたのが主みたいです。
かなり年配の獣医さんだと、エリスロより処方される方もいるみたい。
また、エリスロの効果が無くなったりすると、試しに使ったり…。
それでも、肝臓に影響が出るようなので、注意が必要のようです。

蛋白同化ホルモンを打つと、自分の筋肉を分解するのを防いで、結果腎臓に負担をかからなくするらしいです。

ギャオスさんの体験レポートに、少しですが書き込みがありました。
来週の検査結果を見て、また「お手て」にも相談するかも…それでも、今の状態では痩せるのが止まらないので、何か考えないと全身状態が悪くなりそうなんです…とほほん。

いちごさんも、病み上がりで無理しないで下さいにゃ〜。介護人が倒れては、大変ですから。(でも、ついつい起きてて調べ事とかしちゃうけど…)
投稿者:いちご
サーちゃんは、BUNが高くて気持ち悪くてあまり食欲がないのかな。輸液を増やしたので段々BUNが下がってくるといいですね。
「蛋白同化ホルモン」の事は、私もどこでも読んだ事がなくて、どう使うのか初耳でした。
老猫会の「お手てつなご」に投稿してみてはどうでしょう? 使用経験のある方のアドバイスが得られるかも知れないですにゃ。 

カウンター

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ