2005/11/7

初上陸 Little Tokyoの茶せん供養  一期一会のお茶体験

昨日は茶筅供養といって使用していた古い茶筅を供養するためにLAにある禅宗寺に行ってきた。こちらに来て、初めてLAのLittle Tokyoに上陸。高速を降りるとすぐに、西本願寺のお寺があって、しばらくすると日本っぽい建物が続く。以前、車で通ったことは合ったけど、車から降りたことがなかってん。禅宗寺の建物は、やっぱりどことなく日本ちっく。フェンスがアメリカを思わせるけど、観音様やお地蔵さんが並んでた。
アメリカでもしっかり日本コミュニティーは末永く存在していることを感じちゃいました。

お寺と言うと、観光地化されたお寺、お葬式や法事で行くお寺のイメージしかなく、供養はどんなことをするんやろー?思い出せない?!
ちゃんとお寺(建物)の中には祭壇があって、茶せんを祭壇の前に置いて、お経を唱えて供養した。お経を唱えている間にお焼香までした。外人の友達にどんな意味があるん?って聞かれなくってよかったー。ふぅ〜
禅宗寺のお坊さんは、てっきり日本人ばっかりやろって思ってたけど、日本人の和尚さんは2人だけで、後の4,5人はすべてアメリカ人(尼さんも居た)やった。
クリックすると元のサイズで表示します
祭壇の前には教会の中と同じように長いすが並べられてました。

供養の後はお説法があったけど、それを紹介するアメリカ人のお坊さんはやっぱり、アメリカ人!
日本で、和尚さんがギャグを言って、人を笑わせたりするのって絶対ありえへん気がする。指を口に入れてポンって音を出したり、僕は40歳で独身だけど、次の和尚さんはラッキーGuy60歳で結婚している云々と話すとは、、ユニーク!!

供養に訪れている人たちは、半分以上がアメリカ人。着物を着たアメリカ人もたくさん居た。
アメリカ人で日本の文化に興味を持つ人を見るとうれしくなるし、尊敬してしまう。私の中で、熱心に他の国の文化を言葉ごと学ぶのがいかに難しいことかって感じているので、全くアルファベットを使用しない日本語と日本人でも理解するのがなかなか大変な茶道を勉強している姿はホント頭が下がります。

供養の後は、点心、本席、立札席とおもてなしを受けて大満足!

お昼の点心は、ひさびさに感動〜
クリックすると元のサイズで表示します食べるのがもったいなーい

見て楽しむ、味を楽しむ精進料理をLAで食べれるとは思いもよらんかった。どれもこれも、おいしかったけど、特に冬瓜のお吸い物は絶品やった!

副席の立札席は、ペッパー大学の茶道部?かなにかの学生さんが、お手前をしてくれた。こんなこと言ったらあかんけど、サンディエゴで出会う日本文化に興味を持つ外人さんで、見た目がイケテル若者に出会ったことがなかった。でも、今日は、いかにもサーフィンとかもしている雰囲気の男前に出会って、ちょっと驚きました〜 足が長いとはかま姿の印象がかわるんやねー。なんだか、短足の方が似合う構造になっているのかも、、
クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します 
男前お手前中            秋らしいお菓子♪
そんなこんなで、本当に貴重な体験をして帰ってこれた〜旦那にも初めてお茶会たるものを経験してもらったので、私が何を習っているのか理解してくれたやろか?
久々にパンスト&ヒールの靴を履いたので、今日は、朝からぐったり疲れきってしまいました〜
カジュアルな服装になれると、正装がいかにつらいかということも実感した1日やった〜 
とほほほほほ。
0



2005/11/8  23:35

投稿者:Satoryですさん

お坊さん、本物でしたよ!まじかで見ました!なんだか、日本人より頭の形が綺麗やった〜
久々に、男前も見れたし、、LAには、男前がいるのかなぁ〜サンディエゴでは、めったに見ることないなーと今日もこのお手前した男の子の話で、友達と盛り上がってしまった!!
そうそう、ちなみに私の英語力は、とほほほほのレベルでございます。このお坊さんがとってもゆっくり丁寧に話してくれたので、わかっただけ。
シカゴでもカジュアルな服を着る人が多いの?私のシカゴのイメージは、N.Yと変らないイメージなのですが。

2005/11/8  6:25

投稿者:ゆきたんさん

ヘー色々な所があるんですね〜。
えーーーーアメリカ人のお坊さんンがいるの〜ぉ?
それってフェイクじゃなくて!?
尼さんもいるの!?えーーーービックリしたよ。
それよりもお坊さんのギャグが分るSatoryさんの英語能力も素晴らしいナァ〜・・・
焦ってきた・・・。

そうそう。こっちへ来てカジュアルな服ばっかり着てるから
今ヒールはいたらしんどいだろうな・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ