2006/3/11

隙間風ぴゅーぴゅー  ふと思うこと

ここ数日のSDは、やっと雨季の季節到来かっ?!
天気予報通りに雨が降ってる。雨が降るとやはりさぶぃ〜い。今年一番の冷え込みかも・・・
この冬たぶん5回目の暖房をつけてる。と言っても最高気温は13℃とか15℃。
昨日、母親と話したら、今日は15℃で暖かかったから、窓を全部開けて、大掃除したわぁ〜って言ってたな。と思うとこれぐらいの涼しさは寒いって言ったらあかんなぁ〜

でも、今SDのニュース見てたら、パロマ山で雪が降ったってぇ〜
サンディエゴで雪!!!!!アラレも降ってる映像が。旦那が会社に居た時、アラレ降ってたっていうのはホンマやったんやぁ〜通りで寒いはずやわ〜何年ぶり??
自動車事故も多発!!!!!

SDだけじゃなくって、カリフォルニアだけじゃなくって、アメリカ全体的に言えることが住宅バブル。私の周りも約3年前は何も無かったらしく、どんどんコンドミニアム、住宅が建っている。やっと去年すべてが完成したところ。住宅は増えているのに、家賃は年10%の割合でどんどん急上昇。でもね、会社の補助は全然変わらへんので、家計はどんどん苦しくなっていってるねんなぁ〜
↑これ以上、上がったら考えねば、、、

でも、住宅の家賃の割には、建て方があまりに簡単。一見、外側がレンガで出来ているの?と思いきや、板にレンガのクロスを張ってるだけで、かなり手抜きな感じ。地震が来たら多分、即効つぶれそう。

おまけに雨が降らないことをいいことに、窓と壁の作りがいいかげんやねん。私の家は幸運にも雨漏りがしなけど、知っているだけで2人の友達の家は、雨が降ると雨漏りがするって言ってた。普段、雨が降らないもんやから、雨トイっていうのがついてないねん。だから、雨が降ると、壁に水が多量に流れている感じ。後、防水シートみたいなのも貼っている感じじゃないので、壁がいつまで経っても湿ってる。

うちが一番困っているのは、窓の隙間の立て付けの悪さ。
風がビュービュー吹くと、なんだか窓が開いているように寒い。家自体、そんなに古くないはずなのに。きっと、これも普段、風が吹かないから適当に窓をはめ込んだなぁ〜って感じ。
まるで、私のぼろかった高校の時の教室みたいやわぁ〜
ガムテープで貼ったろかぁ〜と今日は思った1日でした。

0



2006/3/15  14:37

投稿者:Satory

あんへるさん
東京も雪だったのですか!!
つい先日、東京の友達からメールが来てて
春のようにぽかぽかやぁ〜なんて書いてあったような。
まだまだ、三寒四温が続きますねっ!
私もぬるま湯になれてたので、SDがこんなに寒く
なるとは思いもよらず。風邪を引かないようにしなければいけませんね。

2006/3/14  20:52

投稿者:あんへる

こんばんは〜
東京、銀座近辺でも昨日雪が舞ったんですよ。
勿論今日も寒いです・・・
寒さに弱い私にはつらい・・・

http://diary.jp.aol.com/pt4pgsqter

2006/3/14  12:30

投稿者:Satory

がらさん
日本の住宅ってほんと優れてると思うわぁ〜
私の家は、板張りのコンドなので、上を歩く人が
ドタバタとステップを踏むとひびくのです。
どないなってるの?って思います。
がらさんが、かかれているように、雨ドイがないので、
壁を滝のように水が流れてってます。
こんなのでいいのかっ?!?!

ゆきたん
ちょっとマッテェ〜
シカゴのあの寒さでも隙間風入っちゃうの?
信じられへんわぁ〜かなり寒いやろなぁ〜
こっちでも朝晩の冷え込みは寒くってブルブルな
状態。マイナスの気温でそんなんやったら、きっと
私は、全身シモヤケになってそうです。
鼻、耳、手、すべて。おぉ〜怖いっ!!

2006/3/12  23:14

投稿者:ゆきたん

オハヨォ(・∀・)♪久々朝登場してみル・・・
本当に家の造りチャッチイよね。建設中の建物見ると
「大丈夫カイ?」って思っちゃう。
こっちの人にとって「家は一生物」って意識が少ないから?
アメリカは地震は無いケド「ハリケーン」で簡単に飛んでく造りて
聞いたことあるケド・・・
我が家も窓の全ての所から隙間風。寒いよぉ〜!!
我が家も同じく今年から家賃$100値上げ!!ヒィ!!

2006/3/12  17:21

投稿者:がら

最近日本では高高住宅(高断熱・高気密)が流行っていますが、やはり暖かくて雨の少ない土地だと住宅に考え方が違うのですね。
雨樋ないということは、屋根の勾配を流れた雨水は軒裏を伝って、壁を流れ落ちるってことかしら??
雨漏りってなんだか心細くて嫌ですよね(苦笑)

http://diary.jp.aol.com/nueyjnbu/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ