2007/1/22

いよいよ帝王切開当日  どうなる?!家族が増える!

今週で生後1ヶ月。小さく生まれたけど、やっと新生児並の体重になりました。毎日見ているのに、急に大きくなってると感じるのがとっても不思議。
私もやっと術後自由に今週から車を運転できるようになりましたぁ〜咳きやくしゃみをするとまだ、お腹が痛いけど、痛み止めも飲む必要がなくなったし、めでたい事。

お腹はまだ、膨れているので、この前1年ぶりに会った人には、おめでたですか?と聞かれちゃいました。体重はかなり元に戻ったのに、まだ中の子宮が腫れているんかな?いやいや、妊娠中に付いた皮下脂肪なんやろか!!!いつになったら、ジーパンが着れるんやろっ!?

忘れないうちに帝王切開のお話を。
帝王切開当日、朝の6時から飲食禁止。朝7時にドクターが病室に来て、羊水を取り出して子供の肺機能が完成されているかどうかを確認するテストを行った。超音波を見ながら、子供に当らないようにブスッと針をさして羊水を取り出すねん。ちょっと痛かったわぁ〜
羊水って水っていうだけあって、綺麗な透明やった。

その結果を待つこと数時間。肺機能が完成されていることがわかったので、ついに帝王切開へ。夕方まで飲まず食わず。とりあえず、何か飲みたい!飲みたい!の一言。出産間際まで食べる事ばっかり言ってた私でした。よっぽど、胃を圧迫されてて、食欲を抑えられていたからかな?

手術室に入って、手術台に乗って、麻酔医師に会って・・・・・
ここまでは今までの私が行った手術前と同じ。何が違うかというと、今回は部分麻酔だったので、麻酔医師に会った後も意識があるねん。全身麻酔の方がよっぽど怖くなかったなぁ。気が付いたら終わってるからなぁ〜

部分麻酔は、脊髄にズブっと注射を打たれ、打たれた瞬間は痛かったけど、その後は下半身が自分の体じゃない。全く動けなくって、まな板の鯉とはこのことやわ。何が起こるのかさっぱりわからんかったので、だんだんと怖くなってんなぁ。自分の胸の位置に即席のカーテンが出来て、その向こうで先生と助手さんが何かをやっている。頭で色々考えられるしほんと嫌な感じでした。

で、待つこと数分ぐらいでダンナが病室に入って来て、5分も経たないうちに赤ちゃんの産声が!
ダンナはムービーを持って入ってきたんやけど、その時にはすでにお腹が切られていて、黄色や白いもんが一杯見えたらしく、お腹を撮るのは怖いのでとらへんでぇ〜と。(実際、ビデオを見ると生まれた瞬間は無くって、ドクターがへその緒を引っ張っているところが映ってました。)

ちなみに、先生は、超ビキニがちゃんと着れるように下の方を横にちょっと切るだけやからって説明してくれました。超ビキニなんて着ないから傷口の跡をさほど気にすることはないねんけどなぁ。

続きはRead moreへ



今だから言えるけど、赤ちゃんが出た瞬間を見たかったなぁ。私は寝ているだけで、生まれたての青白い赤ちゃんを見れたのは一瞬だったけど、ダンナは立っていたので、カーテン越しにすべて見えていたらしい。ビデオの映像には一人で興奮しているダンナの声と私の顔がよく撮れてました。ちょっと違うやろって?!ほんま笑える映像やわ。
自分の悲惨な顔がよくわかったわー途中から息苦しくって、意識が遠のきました。
一瞬、死ぬんちゃうかって心境に陥ったよ。

その後、私の体から胎盤やらなんやらと後産で出すものを全部、引っ張り出した感覚がわかったてん。その間、ドクターは、私が病室で使っていたDVDプレーヤーが便利なので、私も買うわぁと私と話しながらちゃっちゃと手術を終わらせました。たったの30分で終わったのでびっくり!日本じゃきっとドクターと患者がこんな会話しんやろなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します
私がリカバリー室で寝ている間にいろんな検査をされたようです

その後、リカバリー室で麻酔が切れるまで待つこと3時間。
相変わらず私は、麻酔がよく効く体質みたい。おかげで、すごく気分が悪くって、喉はカラカラ、眠いし、寒いしで、病人のようになりました。

麻酔が切れてやっと病室に戻ることができたものの、体をぴくりとも動かすことができないねん。点滴の薬のおかげで、痛みはさほど感じないのが救い。

私がかかったいつものSharpという病院では、一般的なアメリカの病院なので、すぐに子供と母親が同じ病室に入れられるねん。帝王切開で子供を産んだ場合、母親が全く動けないので、子供を同じ病室に連れてこられてもさっぱり世話ができない。
なので、うちのダンナ、あれだけ忙しかったのに、バッサリと仕事を中断して、4泊5日病院に泊まりこんで、世話をしてくれました。だんだんと父性が目覚めたやろか??

自然分娩で出産の場合は、1泊2日。帝王切開だったら3泊4日か4泊5日がアメリカでは一般的らしい。私はお腹の痛みが続いた&便が出なかったので入院が4泊5日になりました。
体が良くなる証拠は、手術中にお腹に入った空気がおならでプップと外に出て、便が出るのが1つの目安になるそうな。

出産の次の日には朝7時に尿のカテーテルを取られて、速攻、歩く練習をさせられました。動くこと=便が出ること→回復することらしい。
看護婦さんが歩いたか?と毎回聞いてきてプレッシャーを与えられちゃったよ。ベットから起き上がるのが痛みで一苦労やのにぃ。痛み止めを飲んでても痛いねんから、薬がなかったらどれだけ痛いんやろ!!
と、今思えば、いい思い出でした。

退院する時の看護婦さんは、とっても気前が良くって、大量のミルク&オムツをプレゼントしてくれました。今、ひしひし感じているのが、粉ミルクとオムツが以外と高いのでびっくり!
0



2007/1/29  9:12

投稿者:Satory

Sierra Hikerさん
えっ〜カーテンを開けてくれて頼んだんですか?!
私は思い付きもしませんでした。
でも、確かにカーテンさえ開いていたら、何をしてい
るんだろうっと不安に思うこともなかったかも。
見ても大丈夫な人は見たいですよね。
私はどっちのタイプだろうか。。
陶芸のクラス、母が居なくなったらどこまで出席でき
るかなぁと思っています。土曜日のクラスになっちゃ
うかな??

Makiさん
そうなんやー
手術室に旦那さんは入れないの?
自然分娩だったら、何人でも(限度はあるけど)
家族が入れるらしいと聞きました。帝王切開の手術室
は、器具とかが合ったりしてて、1人だけ入れます。
今思っても、やっぱり、出てくる瞬間、見たかったわ
黄色やら白い物体を私は見てないから、そんなことが
言えるのかな?
産んだ後、お手手を繋げたんやっ!いいなー
私は、ぼーっとしてて、すごくしんどくなったので
触れなかったなー(思いつかなかった!)
顔の横に見れるように、看護婦さんが赤ちゃんをずー
っと抱っこしてくれてました。

2007/1/23  22:57

投稿者:maki

ありがとう☆
私の体験と重ね合わせながら読んでました。
でもやっぱりアメリカと日本とはぜんぜん違うのね。おもしろ〜い。
手術室にダンナがビデオを持って入ってくるのも考えられないし、ましてや手術中ドクターとDVDプレーヤーの雑談をするなんて?!
ちなみに私の場合、部分麻酔の帝王切開で、始まってから数分後にオギャーという泣き声を聞き、お手手をつながせてもらい感動の涙がダーダー。
その後子供だけ先に手術室の外へ連れて行かれる瞬間に、ダンナがビデオ撮影。産まれた直後のビデオは数秒でした。

2007/1/23  15:42

投稿者:Sierra Hiker

ワァ、大変でしたね。 忘れないうちに記録を書いて置くのは良いですね。

私が帝王切開やった時、同じように胸あたりにカーテンがあって「私、見ていたいからカーテンを開けてくれ」って頼んだのに開けてくれなかった(当たり前か?)のを覚えています。(笑)

先週は陶芸クラスに顔出してくれて嬉しかったです。しばらくはクラスには戻れないのかな? 

赤ちゃん達の写真どんどん載せてください。 楽しみにしています。

http://plaza.rakuten.co.jp/sierrahiker/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ