2008/4/25

病院  ふと思うこと

4年前に少し住んでいた所に戻ってきたものの、周りの様子が変わっている。(今のマンションを契約して、1週間も経たないうちに転勤が決まり、ダンナはたった3ヶ月、私は1年住んで、サンディエゴに引越してん。家を買ったら転勤が決まるジンクスにドンピシャ。)

1Fにスーパーがあったのに、帰ってきたらフィットネスクラブと2つの病院になってた。只今、その病院にお世話になってます。いやぁ〜たった4年なやけど、私、すっかりアメリカの病院に慣れすぎてる。日本の病院で、あぁ〜そぉ〜なんやぁ〜と心で呟いてる。

個人病院の多くは、まず靴を脱いで受付して、長―いこと待つ。待合室には患者さんが多く、名前を呼ばれたら診察室に入って行く。普通の事だけど、忘れてました。
今の病院は、診察時間の1時間半前に整理券が出されるので、まずそれを取りに行くねん。これって、予約制にしたら、全くもっていらないことなんですが。ブツブツ。

私の場合、何が大変かっていうと、まず、靴を脱ぐ時点で病室にストローラー(これを日本ではバギーというらしく、これだけはなかなか日本語に直せずにいます。)を持って入れないので、ちびっこ2人は、野放し状態。1対2のおっかけっこがスタート。人様に迷惑をかけていると思うだけでも疲れてしまう。それもあって、名前を呼ばれるまでにどっと汗を掻く。その後、診察室に入っても、まだ患者さんが2人ぐらいいるので、待たないとあかん。その間、プライバシーなんてあったもんじゃなくって、我がちびっこ、先生が他の患者さんを見ているところへ平気で入って行ってしまう。
嫌な人は嫌やろなぁ〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に大人しく座ってくれるのは、ビデオを付けた瞬間から15分ぐらい。
おぉ〜片付いて居ない部屋が写っていて恐縮です・・・

で、その後、お金を払うまでにまた時間がかかるので、その間もおっかけっこ状態やねん。
たった40分ぐらいなのに、私の1日のエネルギーは吸い取られてフラフラ。
リラクゼーションマッサージ、受けたいわっ!とな。

で、アメリカではどうやったやろうと覚えているうちに紹介したいと思います。
Read moreへ続く。


思い起こせば、内科、脳神経外科、眼科、耳鼻科、皮膚科、産婦人科、小児科、ちびっこのヘルメットの病院(日本では頭蓋変形外来)病院に何度行ったでしょ・・・何度手術して、入院したことやろう。

病院は、完全予約制。なので、待っても10分ぐらいの話。
他の患者さんに会っても2人ぐらい。

病院に行くと、まず個室に通されて先生が来るのをほんの数分待つ。ちびっこはストローラーに乗せたままズドーンと個室まで連れて行ける。なので、そこでウロチョロされても誰にも迷惑をかけないから、野放しでもO.K。私も疲れないねんねー
診察も他人に聞かれることもないし。看護婦さんでさえ、先生と話している時は入ってこないもんなぁ。診察が終わったら、請求は後日、郵送で清算なのでとっとと帰れるのでした。

アメリカの先生は、医者だからと言って威張ってる人に出会ったことがない。絶対、対等な人間関係。なぜだろう。
日本では、めっちゃ医者が威張ってて、何度嫌な思いをしたことでしょ。そんな時はいつも心の中で医者ってサービス業やろっ!愛想よくしーやー、もう二度と来ないでここはっ!とよく思ってたなぁ〜〜私って嫌な奴やなぁ。

私が渡米してずぅ〜とお世話になっていた内分泌科の先生は、日本に帰ることになったと話をしたら、頼んでも居ないのに、今までのメディカルレコードをすべて印刷して、さらに3ヶ月分の薬も処方してくれた。最後はI miss you&ハグしてお別れでした。医者と永年の友達のような感覚が芽生えるのも不思議、不思議。

もちろん、アメリカの病院の嫌なところもある。
急に病院に行きたい!って思っても予約が取れないと、救急病院に行かなくてはならないところ。自分が入っている保険で行ける病院が決まってしまうことでした。

人生のほとんどを日本で過ごしてるのに、軽いカルチャーショックのジャブを頂きマシしたっ。
0



2008/5/20  10:51

投稿者:Satory

あんへるさん
アメリカの医療保険制度はほんまに複雑ですよね。
理解するのに数年かかりました。。
日本みたいなのが当たり前だと思うとなかなか受け入
れがたいもんですねぇ。。
こちらに帰って来て、毎日のように後期高齢者医療
の話を耳にします。日本も大変な時期に入っているん
だなぁ〜と思います。乳幼児の治療が無料なので、
少子化の一環とは言え、このお金は税金でまかなわれているのかなぁ〜と思うと、複雑です。
好きな物を食べて癒されているので、体にはよさそうで悪い感じです。。

2008/5/19  17:20

投稿者:あんへる

こんばんは〜
チビッコ君たちも健やかに成長されているようで何よりです!
先日、学校の授業でSICKOって映画見ました。
ご存知だとおもいますが、アメリカの保険制度に関する映画。日本の制度も捨てたもんじゃないね〜と思いました。
体が癒されますよう御祈りしています。

http://diary.jp.aol.com/pt4pgsqter

2008/5/5  20:33

投稿者:Satory

Sonnyさん
日本の医師会のイメージは、白い巨頭のイメージです
こりゃぁ〜あかんわぁ〜
患者さんへの対応、ほんと改善してほしいです。
年配の先生ほど、めっちゃ威張ってる感じがします。

ちびっこたちが見ているのは、大好きなセサミー
ストリートです。写っているのはジェイミーフォックスです。

いとこさん
明日、楽しみにしてます。
めっちゃ元気やで。
ついて回るとめっちゃ疲れる。。

2008/5/5  20:28

投稿者:Satory

バレさん
だんだん思いだしてきたよ!日本。
ほんまこうやったかなぁ〜と思うことがあるわぁ〜
ちびっこが座っている椅子&机は、IKEA製です。
でも、このちっこい椅子を引きずっていろんな所へ
もって行く事をここ数日で覚えてしまったので、この
椅子も撤去しました。ごめんよー

ほんと病院、自分ひとりだったら、本を読んで過ごす
のもいいよねぇ〜〜待って、呼ばれて待って、会計で
待って、薬局で待ってで一段仕事ですわぁ〜〜


あづ。さん
日本は予約でも待つんですね。
そういえば、歯医者は予約しても待った記憶があります。アメリカの病院は患者さんの数が少ないのかなぁ
それとも、医療費が高いからめったなことで、病院に
行く人が少ないのでしょうか。。。
こちらの耳鼻科は2日置きに来てくださいと先生に
言われます。こんなに頻繁に見せないといけないのか?!と思います。
疲れからスイーツを食べるのに走って、せっかく元に
戻りつつある体重がまたもや増加してきました。
困ったこっちゃです。。。


2008/4/28  0:02

投稿者:いとこ

お兄様の眉間にアオタンできたそうで・・。
GWにあいたいよぉ〜

2008/4/26  14:58

投稿者:Sonny

ちびっ子くんたち、真剣にテレビを見ている様子がかわいいです。何を見てるのかな??

病院の待ち時間は、わたしはもうあきらめてます。ひとりなら本でも読んで過ごせるけど、お子連れだと、そういうわけにもいかないですもんね。お察しします。日本も、医師会が率先して、患者への対応を変えようというキャンペーンをしてるみたいですけどね〜。なかなか、すぐには難しいかも。

2008/4/26  6:17

投稿者:あづ。

お子様連れだと、そういった難点が出てくるのですね。
たしかに、追いかけっこしながらの待ち時間は辛いですよね・・・。

先日、帰省した時に、健康診断を受けに久しぶりに日本の病院に行ったのですが、
健康診断は完全予約制だったので、待ち時間はゼロでだったです。
でも、伯父の連れ添いで病院に行った時は、
予約していたのにもかかわらず1時間以上待たされました。
予約しても待たされるときは、待たされるのだな、と思い、日本で快適な予約制診療が浸透するのは、
まだまだ先なのかなあ、って思ったのであります。

疲労で倒れたりしないよう、ご自愛くださいませ。

2008/4/25  16:23

投稿者:バレ

週末は、サンタ・アナのようです。ヘルメットをきっかけに扇風機を買ってあるけれど、バレがイタズラするので、きっと使わずに窓を閉め切って暖かい空気を入れずに耐え忍ぶんだわ〜

ところで、桜綺麗だね。お花見も来年まで待ち遠しいな。淡いピンクの花のお陰で幹が墨色にうつるんだね。これまた日本的だわ。

2人の座っているテーブルと椅子、もしかしてこっち(アメリカ)で買った??可愛いね。それとあの見慣れたゲート懐かしいわ〜〜それにしても本当に活発になってるんだね。椅子を運んで、高いところに上るって・・・考えただけでもおそろしいよ。数ヵ月後のバレの姿か??!!

病院の違い、またまた思い出したよ。会計も待たなきゃいけないんだ。日本は大なり小なり医師に対して病院が多すぎるのが問題なんだって。医局のような派閥もあり・・・。これは日本医師会に1石を投じたいね。一人だったら、雑誌でも読みふけって、待ち時間を過ごすのも良いけれど子連れの病院は覚悟だわ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ