2009/7/10

夏祭り  にっぽん小ネタ

水曜日に近くの幼稚園の夏祭り(午前中)に参加してん。生憎の雨の中、22Kgのちびっこを含め30Kg近いストローラーを押しての往復2Kmはキツカッタ。帰って来てからは私1人ヘロヘロ。でも、ちびっこ隊の喜んだ姿を見たらまぁ〜よかったかなぁ。
ヨーヨー釣り、ボーリング、宝探し、輪投げ、ボール投げ、金魚すくい、お化けやしきと、楽しみました。受付には、幼稚園児とお母さん方が対応。幼稚園児が大きく見えたわ。

めっちゃ気に入ったのは、ボーリングと金魚すくい。
金魚すくい、なかなかのアイディアで、金魚が醤油の魚でした。ちゃんと紙が貼ってあるすくいを使って、兄蔵は上手に魚をすくってました。今に大きくなったら、金魚飼ってぇ〜と言い出すんやろなぁ。金魚だけならいいけど、おたまじゃくしとかは、蛙嫌いな私には絶対だめやわぁ。
お化けやしきは、私でもちょっとびっくりしてんなぁ。人が3人、幽霊になって脅かすねんけど、ちびっこ隊は入った瞬間から泣いて、結局、2人抱っこで逃げ出してん。かなり泣いたのでちょっと可哀想だったなぁ。ごめんなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
↑もらった金魚。この日以来、一緒にお風呂に入ってるねん。

これもマイブームに加わったわ。

もう1つ、6月からのマイブームがあって、アンパンマン、しまじろうのぬいぐるみをほぼ常に車と一緒に持ち歩く。バレちゃんのブログで紹介されていた“はなちゃん劇場”を読んでどこも同じなんやなぁ〜。寝せたり、世話したり。さながら、自分がお母さんのように。

サンディエゴのお友達に1体もらってずぅ〜と飾られていたしまじろう。つい最近、しまじろうビデオを見るようになって、すっかり虜になったもよう。1体しかないので、激しい取り合いで朝から喧嘩ばかりするので、ついに、決心して、Yahooオークションでもう1体をゲットしてん。オークション、商品が届くまでかなりドキドキしたけど、今は1人ずつ持てそれぞれが、世話をしている姿を見ると競り落としてよかったなぁ〜と思うわ。
アンパンマンならおもちゃやさんで買えるからいいんだけどなぁ。
非売品が1つしかないのはもうコリゴリィ〜

クリックすると元のサイズで表示します
我が家のしまじろう!
8



2009/7/16  16:21

投稿者:Satory

もんきぃさん
そうやろぉ〜なんで、しまじろうがそんなに人気があるのか
私にはさっぱりわからないねん。黄色と黒の目立つガラが人気なのかな

アメリカでも金魚すくいのようなのがあるんやね!
Fishingが日本より盛んなような気がするからそれがあるんやろね。
あんなに2人とも金魚すくいにハマるとは思わなかったよ。今年は近所の夏祭りで本物を見せようと思って居ます。
そうそう、頂いた日本のDVD, 川上麻衣子が主人公で少し前の日本でした。ビックバードに興奮してたよ!また、メールしまーす!

2009/7/14  5:16

投稿者:もんきぃ

しまじろうには どうしてそんなに子供達をひきつける
Powerがあるんだろうね

二人が喧嘩せずにしまじろうのお世話をしている様子がなんとも
いえずほほえましいね

金魚すくい可愛いアイディアだね こっちでも お子様の誕生会で似たようなのを見たことがあるよ




http://blogs.yahoo.co.jp/monkyee

2009/7/13  20:01

投稿者:Satory

バレさん
金魚すくいの金魚は、お弁当に付いてくるお魚たちです。
こんな使い方があったのかと。お風呂に浮かべて、すくいの代わりに
コップですくって楽しんでるよ。。

ところで、しまじろう、なんであんなに興味をそそるんだろうね。
すっかり最近は、エルモの影が薄くなってるよ。
DVDもさ、そんなに動きのある映像ってわけでもないのにね。不思議やわ

うちは、旦那がいつも”とらじろう”と言ってます。
じーじ、ばーばがしまじろうの話をあまりしてないからわからんな。
でも、きっととらじろうって言いそう。。

2009/7/11  7:46

投稿者:バレ

お祭りまでの道のり、想像しただけでクラクラ・・・お疲れ様。ちびっ子君たちが喜んでくれたら嬉しいけどね。金魚すくい、かなかないいアイディアだね。私も真似しよう。あの金魚君達はお弁当についてくる凄く小さいタイプ?

バレもはなちゃん大好きよ♪DVDは何度も見るからこちらも歌を口ずさんでしまうし、一緒にベッドで寝る時もあるよ。何があんなに魅了するのかな?サブリミナル効果でも使ってる?と疑いたくなるよ。我が家は帰国してから子供ちゃれんじをはじめたので、しまじろうがいないのよ。ネットで探そうかな・・・・

ちなみに、じーじ、ばーばはしまじろうを”とらじろう”って言ったりしてない??

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ