2013/1/5

病院  NJ生活

今年の目標、行かないといけない病院に予約を入れる!
痛いところをほってほかない。

まずは、自分から。
アメリカに来て、二か月経った頃から、夜中に突然、右目が痛くなって、開けられない、涙が止まらない症状が週2,3回続いていました。今は週1回ぐらい。

ホームドクターから眼科を紹介され行ったところ、眼圧、眼球、すべてに何も問題がない。サイネスに関係するかもしれないと言われ、再びホームドクターへ。

日本みたいにすぐに別の科になかなか行けないのが困ったこっちゃ。
おまけに、行きたい科の先生が、私の入っている保険を適応してくれるかどうかで診療可能かが決まってしまうねん。自分の保険外と契約しているドクターに見てもらうと信じられない医療費を支払わねばならず大変なのことに。

ホームドクターから今度は、2004年にサンディエゴで受けた脳下垂体腫瘍摘出手術の影響があるかもしれないし、また、腫瘍ができているかもしれないっていうことで、それを確認することになりました。ぎりぎり8年のメディカルレコード保持の期間のため私の手術記録、受診記録がすべて手に入りました。それを持って、MRIを再度撮り直し、昨日、脳神経外科に行ってきました。

今思うと、私もちょっとずつ成長している。初めて渡米した時、脳神経外科へは医療通訳を付けていったんやもん。それなしに、行ける度胸が付きました。

結局、腫瘍の再発もなく、脳も血管もどこも悪くないよ!ということがわかりました。
でも、なんで目が痛いの?ということになって、外科の先生は専門外だけど、1つは、ストレスによる片頭痛のようなものも考えられるので、神経科に行って、相談してみる?と言うので、行くことに。まぁ、どこかが悪くて痛いわけじゃないから、一安心かなぁ。
再来週、神経科に行ってきます。

それと、やっと矯正歯科と歯医者のチェックアップの予約も完了。
今月は病院月間に!

ちびっこ隊の小児科歯医者さんも予約完了。2つ紹介されてんけど、1つの先生は保険が使えないから、もう一つの先生になりました。いい先生やったらいいなぁ〜

今日、兄蔵の眼科へ行ってきます。
2週間ぐらい前から目が見えない!と時々言ってました。でも、遠くの数字は読めるし、気にしてなかってんけど、ピアノの先生に兄蔵は目が悪いですか?と聞かれてん。
どうも楽譜を見る時と首を傾けてすごい見方をしていたようです。
兄蔵の説明によると、突然、見ていたものがぼぉ〜としてくるそうです。
これをどうやって、説明しようかねぇ、、頭が痛い。
日本語でも言っていることがよくわからん!なんとか、わかってもらえるかな。






1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ