2013/5/31

個人懇談  学校の事

6月20日がこの学年の最終日。9月7日より新学年が始まる。今日は、ちびっこ隊の個人懇談でした。1人20分ずつ。末蔵は連れていけないので、今日、初めてナーサリー、お弁当を持たせて1日預けることにしてん。
途中、ちびっこ隊をお迎えに行くので、そこで自分だけ家に帰れない〜って泣くかと心配したけど、杞憂やったわぁ。1日めっちゃ楽しく過ごしたようで、すごくいい子ちゃんだったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
リュックサックが歩いているような末蔵の後姿 お弁当のカバンがぶら下がってます♪

さて、個人懇談、ESLの先生と担任の先生と私でそれぞれの話を聞きました。
兄蔵はT蔵に比べて、よく見て納得してから物事をやるようです。T蔵は、家にいる時と同じく、推測で物事を考えって、ちゃっちゃと済ましてしまうタイプだそうです。時々、早合点して間違うこともあるらしい。家と全く変わらんな。
二人は、環境にちゃんとなじんでるそうです。来た頃はとても大人しかったらしいけど、最近はクラスの中で発言してるんやって。先生の目から感じることは、英語に関して、自信が付いてるとのこと。

耳から入る音をそのままアルファベットで文章を書いてました。
一番、日本人を含めてよく陥るのが、例えば、ジャパンを音のままGapanと書いてたり、ベジタブルをBegetableと書くそうです。
日本と全く違うことをするなって思うのは、先生が文章だけを言って、自分でキャラクターを決めて、本を作る。ほんと、よくできてるねん。絶対、日本ではこんな風な考え方で、想像力、文章力を養わないなぁ〜と感心。ひょっとすると今時の子はやってるのかもしれんけど、私が子供の頃はなかったわぁ。こんなんがあったら、私の国語嫌いもなかったかも。

二人とも言語が違うのにMathに関してはNumber storyをよく理解してると。1からできるだけ数字を書こう!という授業では、T蔵が一番で384までかけたそうです。兄蔵も250ぐらいまで書いてたらしい。
ほんと先生、よく子供のこと見てるわぁ。

子供の頭、ほんまスポンジやな。
私なんて、何年も英語を勉強したのに、話すことに関してはほとんど役に立ってないよねぇ。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ