2013/10/27

ブログお引越しします  日々のつれづれ

みなさま、お久しぶりです。

すっかり放置してしまっていたこちらのブログ。
少し待てば、iPhoneからの写真投稿に対応しないかなと待ってみたのですが、
やはり対応しないようなので(~_~;)

iPhoneから写真投稿もできるアメーバブログにお引越しします。

新しいブログは
Sawah diary 2013.10〜

名前は引き継ぎました。

iPhoneから投稿するので、マメに更新できると思います。
どうぞ、新しいブログをよろしくお願いします。


0

2013/1/4

あけましておめでとうございます  日々のつれづれ

みなさま、あけましておめでとうございます♪

お正月休みもあっという間に終わってしまい、ご挨拶だけでも更新しなくてはと思い、iPhoneから投稿です。

1日は恒例、近所の高台へ初日の出を見に行ってきました。
残念ながら雲が多く、切れ間から朝日がのぞく感じでしたが、ちょっこっと見えましたよ(^O^)/
更に今年はそのまま富士山を見に里山散歩しました。
初めて、アカゲラ(頭が赤いキツツキ)を見ることができ感動。
富士山も丹沢大山の向こうに頭を出す姿を拝めました。

なんとなくいいスタートを切れた気がする2013年。
元気に過ごせればと思います。

ブログを見てくれているみなさまも良い1年をおくれますように。
今年もよろしくお願いします*\(^o^)/*
2

2012/12/12

すっかり冬です  日々のつれづれ

今日は代休。久しぶりにノートパソコン開きました。
iphoneに変えてから、すっかりブログはご無沙汰です。

日曜日、少し霜にあたっていたけれど、まだまだ綺麗に咲いていたアフリカンブルーバジルが特別冷え込んだ火曜日の朝、一気にしおれました。

そうやって終わる花があれば、植えてから何年も咲かなかった水仙に初めての蕾をみつけたり。

春まではビオラやパンジーの花や秋に種まきした小さな芽たちを見ながら過ごすことになりそう。

iphone撮影のMy365続けています。
ブログが途絶えがちなので、日々写真はそちらをのぞいてくださいね。
スマートフォンの方は是非ご参加ください。
フォローしあいましょう!!

http://my365.in/sawah/

クリックすると元のサイズで表示します

写真はベトナムで移動中のバスの中から撮影した虹♪


みなさま、寒さに負けず、元気にお過ごしくださいね。
0

2012/9/24

旧市街の蓮茶専門店へ  蓮写真

クリックすると元のサイズで表示します

西湖から旧市街へと向かう車の中から。
百合と蓮の蕾を載せた花売りの自転車かな?


クリックすると元のサイズで表示します

開店前に着きました。お店の前の通りです。
通勤のため、バイクがいっぱい通ります。


クリックすると元のサイズで表示します

ハノイ旧市街にある蓮茶専門店HUONG SENの店内にて。
http://members3.jcom.home.ne.jp/huongsen.jp/

若主人のHaiさんです。
実はHaiさんとは西湖でもお会いしました。
日本人の女の子2人をご案内してました。
またお店で一緒になりました。

蓮茶の淹れかたですが、中国茶と同じ容量で茶器も小さいですね。
我が家には中国茶器がないので、今すごく欲しいです。

お店では蓮茶のほかに菊茶、ジャスミン茶と
蓮の実甘納豆の試飲・試食をしました。

蓮茶、蓮の実甘納豆はもちろんのこと
ジャスミン茶もおいしかったので、購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


店内でも蓮茶作りが始まり、女性を囲んで撮影大会の模様に(笑)


詳しくはこちらのHPをご覧ください。
蓮の花茶( Tra Hoa Sen )ストーリー
http://members3.jcom.home.ne.jp/huongsen.jp/page007.html

 ・ベースの茶葉は、大自然の中で栽培されたお茶の大木TraTuyet(チャ・トゥィット=雪  茶 と呼ばれている)です。
・ この茶葉に、丹精こめて蓮の花粉(おしべ)から香り付けしました。
・ 100gのお茶を作るのに、蓮の花100〜120輪使用します。
・ 全て手仕事ならではの味わいです。

こちらの蓮茶。日本円で考えてもいいお値段です。
ベトナムの人にとってはかなりの高級茶だと思います。

スーパーで蓮茶を3種類買い、飲み比べをしてみましたが
やはり、HUONG SENの茶葉が一番香りが良い。
それもそのはず、蓮のおしべが茶葉に混ざっていました。

最後はガイドさんにせかされてしまい、お店の入り口など
写真をしっかり撮れないうちに出てしまいました。
今度行くことがあれば、自力で訪ねて、ゆっくり写真撮りたいな。

でも、ガイドさんがいたから、西湖でティータイムのセッティングが
ちゃんと用意されていたし、どこに咲いているかはやっぱり
連れて行ってもらわないとわからなかったので、良かったです。

私がお願いしたのは現地旅行会社ベトナムスケッチさん
http://www.vietnam-sketch.com/

現在お取扱いなし リンク切れのこのページを見て
蓮ツアー行きたいと頼みました。
値上がりし、1人45ドルでした。
http://www.sketch-travel.com/vietnam/tour/tour.php?id=330

一番の目的、蓮の花咲く湖と蓮茶作り見学が達せられ
満足した朝でした。
0

2012/8/30

ハノイ西湖の蓮  蓮写真

朝早かったので、着いたときはあんまり蓮の花が目立たなかったのですが、帰りがけになって、花が開いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
1日目の花かな?

クリックすると元のサイズで表示します
こんなに開いているのは3日目の花?

クリックすると元のサイズで表示します
近くの川沿いの家々。
朝の空気がすがすがしく、ここをお散歩したら気持ちよさそうと思いました。

この後、車に乗って、旧市街の蓮茶専門店へと向かいました。

1

2012/8/28

ハノイ西湖にて蓮に出会う  蓮写真

花市場を訪れた後、ガイドさんが今回のツアーのメイン
蓮茶を作るための蓮の花を摘む西湖へ案内してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
葉っぱの海。花がよく見えない。

クリックすると元のサイズで表示します
花を発見。八重ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
senというのはベトナム語で蓮のこと。
蓮の花を取らないでという注意書きの看板です。

クリックすると元のサイズで表示します
左側が蓮。
右側も去年までは蓮だったのに、何かできるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
さっそく、蓮の花を摘んでいるお兄さんを発見。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは見学先のお父さん。
蓮の花を摘みに出発するところ。
こんな小さな船ですっすと蓮の間を滑るように行ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
お父さんが摘んできた蓮の花。

クリックすると元のサイズで表示します
蓮茶に使うのはおしべの先のみ。
花からおしべを外す作業をしています。

クリックすると元のサイズで表示します
ギターはお父さんの趣味かしら?
この場所で昔撮影したと思われるレトロ写真がかかっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
蓮の花束もできあがり。

クリックすると元のサイズで表示します
蓮茶でティータイム♪
朝食も食べず、5時にホテルを出たので、蓮茶がおいしいこと。
花びらの上に器を置く、セッティングもおしゃれ。
蓮の花の真ん中、花托についているのは茶葉。
ここで飲んだ蓮茶は実は簡単バージョンで作られたもので
1晩花の中に茶葉を入れて、花の香りを移した蓮茶。

クリックすると元のサイズで表示します
この丸くなっている葉っぱの中にその簡単バージョン蓮茶が
詰められているんだって。

クリックすると元のサイズで表示します
私たちが旅したとき、ちょうどハノイでは今日から学生さんが夏休みという時期でした。
ハノイっこの間では、カメラマンを連れて蓮池で写真撮影をするのがはやっているんだって。
他にも女の子2人組。4人ほどのグループ。みんな朝早くから写真撮影に来ていたよ。
1

2012/8/25

蓮の花束を載せたバイク  蓮写真

クリックすると元のサイズで表示します

ハノイの花市場にて撮影。

持ってかえって、どこに飾るのかしら?
売り歩くなら、もっとたくさん載せていそうですよね?

また、ハノイに行きたくなるなあ。
その時は両手にかかえきれないくらいの蓮の花束を買いたい。
ホテルの部屋にたくさん飾って、至福の時を過ごしたいな。

そうそう、今回は行きませんでしたが、
ハノイのスパで、蓮づくしのコースがあったのです。
蓮の葉っぱでボディラッピングや蓮の花びらが浮くフラワーバスとか。
またいつかハノイに蓮の花咲く季節に訪れて
体験してみたいです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ