2008/11/16

グランプリシリーズフランス大会  フィギュアスケート

フィギュアスケートグランプリシリーズフランス大会SP見ました。

昨日は待望の浅田真央選手の今シーズンプログラム初お披露目でした。
SPはドビュッシーの「月の光」。
ステップやスピンはものすごく工夫を凝らして難しいレベルのものになってましたね。
ジャンプ失敗が痛かった。ルッツジャンプは修正できたと聞いていたけれど、苦手意識が残っているのね。
まだまだ調整不足の印象を受けました。
SPは2位発進。今夜のFP「仮面舞踏会」を期待。笑顔の演技になりますように。

昨日のSP男子・女子両方を見て、一番光っていた選手は男子カナダのパトリック・チャン。
スピード感があって、滑りがきれい。プラスαの魅力を持っている。
SPは1位発進。このまま頑張って欲しい。
今シーズンはランビエール選手が引退してしまい、寂しいかぎりでしたが、今後はパトリック・チャンを応援していこう。

フランスのブライアン・ジュベール選手がまさかの3位。
ジャンプにミスがあったものの、ステップ・スピンはさすが元世界王者。
小塚選手(2位)やパトリック選手(1位)に比べ、格が上という印象でしたが。

ジュベール選手が1位確実かなと思ってたところ混戦し、男子はおもしろくなってきましたね。

ここまでグランプリシリーズを見てきて、私の中で不動の一番はキム・ヨナ選手のSP「死の舞踏」。
これまでケガに苦しみながらも表彰台に上っていたキム・ヨナ選手が絶好調ならばこれほどの実力を持っているんだということが初戦からまざまざと見せ付けられた感じです。
シニア初挑戦の年のSP「ロクサーヌ」も戦慄を覚えるような美しさを放っていましたが、今シーズンはまたすごい。
フィギュアスケート史に残る、ずっと語り継がれるプログラムになりそうな予感。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ