2011/11/11

中国大会の羽生君  フィギュアスケート

今日は寒い!!OMソーラーが冬モードになりました。
外気温11度。室温18度。フリースとあったか靴下を出しました。

さて先日のフィギュアスケートグランプリシリーズ中国大会。
大いに盛り上がりました!!

ショートでガチくん(ロシアのガチンスキー選手)がトップ。
羽生くんが2位で折り返し。しかも点差がほとんどない。
2人とも4回転をショートから決めてくるし、
もう1・2位はこの若い2人の争いで
3位にアボットと織田君、どちらが入ってくるかなと
予想していたら、フリーはまさかの結果に。

アボットと織田君、たなぼたの表彰台ではないですか。
(失礼。でもアボットはショートもフリーも3位だったのに優勝って)

羽生くん、どうしても勝ちたかったんだよね。
前半は4回転も決まってよかったのに、後半にジャンプミス。
解説の田村さんがトリプルダブルをトリプルトリプルにしようとして
失敗した=ガチくんに負けないよう難度をあげようとしたと
話されてましたね。
結局は3位と僅差の4位で表彰台を逃しました。

その後のガチくんにもびっくり。
同じく崩れてしまって、ショート1位だったのに
結果5位でしたっけ?
羽生くんに引きずられたか、金を意識しすぎたか?
クールに見えるガチくんもこんなことあるんですね。

2人ともまだまだ試合経験が少ない、若さゆえの結果かな。

でも、試合後のインタビューで羽生くん、
「まだファイナルの夢も消えてないので」と言ってました。
その言葉におおっとなる私。
ファイナル行くには次のロシア大会優勝しかない。
ということは羽生くん優勝するつもりなんだと。

またまたロシア大会でぶつかる2人。
ガチくんはホームだから、当然気合入るだろうし。
世界選手権の時はホームで力を出して銅メダル取ったけれどと。
羽生くんと一緒だとさしものガチくんもプレッシャー
感じるかしら?

ガチくんの試合後のインタビューが読みたいなあ。


経験値に関してはスポーツナビの青嶋さんがおもしろい
コラムをUPしてくださいました。

16歳の羽生結弦「どうしても世界選手権に」
日本男子トップ3に挑む GPシリーズ・中国杯


<中略>

豊富な経験値、そして着実に身につけてきた試合勘というものは侮れない。思ったほどの好スタートを切れなかった羽生を見ていて、改めてそのことを思った。そして、大丈夫、彼だってこうやって、どんどん強くなるのだ、と。そのうち、何があっても失敗しないようなチャンピオンになって、憎らしいほどの不敵さで、多くのライバルたちの前に立ちはだかるに違いない。その力が十分あることは、今回もしっかりと見せてくれた。あとは彼の成長していく一試合一試合を、これからゆっくり楽しませてもらえばいいのだ。
 そんな話を報道陣が彼にしたところ、当の羽生はキッとなって言い返した。
「経験値――そんなことを言っていたら、僕は高橋さんや小塚さん、織田さんに勝てないってことになりますよ! 経験がないから勝てなかった、は言い訳です。僕は今年、どうしても世界選手権に行きたい。そのためにどうしてもファイナルに行きたい。だから次の、ロシア杯は勝ちます。今回は『まずは表彰台』って思っていた。勝つことにそれほど執着はしていなかったけれど、次は優勝しないとファイナルに行けない。ここまで追い込まれて逆に、『勝つしかない』って気持ちになれましたから」

 どうやら羽生は、私たちに「成長を楽しむ」余裕を与えるつもりはなさそうだ。
 それならば、見せてもらおう。史上最強の日本男子3トップ。高橋25歳、織田24歳、小塚22歳。何年もかけて、失敗を繰り返しながらこの地位にたどりついた3人の猛者に、わずか16歳で挑もうという無謀な高校生の、怖いもの知らずの挑戦の1年を。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆

この文章を読んで、羽生くんの気持ちの強さが確認できました。
私も今度の世界選手権は羽生くん行けると思います。
では高橋・小塚・織田選手の誰が落ちるのかとなりますが。
3人しか行けないからね。

報道ステーションの羽生くん特集では、4回転の成功率が現在80%と言ってましたね。
それもすごいけど、アイスショーで一緒になったランビエールに「アドバイス、プリーズ」と自分から4回転教えてもらいに行ったという話もほほえましかったです。(ランビエールファンの私としては非常に嬉しい)

また4回転を表現のひとつみたいなこと言ってました。
これって、すごい。技術と芸術の融合をこの若さで目指しているのね。

そして、はっきりと「オリンピックで金メダルをとりたい」と宣言してました。
言葉は力になるから。応援してるよ。

羽生くんの演技を見ていると心がすかっとします。
体中からあふれ出る表現力、才能あふれるジャンプ。
ステップも去年よりよくなってる。
すべてにおいて、急成長中。

次のロシア大会でも旋風を巻き起こしてほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国大会のエキシビジョン写真。



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆

今日からはいよいよNHK杯。

私の注目は

浅田真央選手のショートプログラム。シェヘラザード、どんなお姫様なのか?
アイスダンス、シブタニ兄弟とエレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ 組の新プロ。
町田樹選手のフリープログラム(ランビエール振り付け)。


選手全員が自分の力を出し切って、すばらしい滑りができますように。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ