千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
GUN 様

昔、ペダルスチールの音と映像をはっきりと認識したのが、高校生の頃『笑点』にて原田実さんのペダルスチールで擬音、ニワトリの泣き声とか、「上野〜うえの〜」の擬音に目が点になりまして..その時のペダルスチールが「フェンダー2000」(前に二列に穴らしきものが空いていて特徴的だった..。)だったと思います。

ペダルスチールをはっきりと映像的に認識した瞬間でもありました。

「フェンダー2000」は昔カントリーバンドやハワイアンバンド華やかなりし頃の、みんなの『憧れ』だったという話を誰ともなく、よく聞きました。

「今時…。」と思いましたが、書いたようにワイヤーアクションからロッドアクションに改造して二ーレバーをつけて..とは書いたとおりですので、現品を今見たらなんと思うか..?

しかしながら大変に重かったことは忘れられませんね…。
投稿者:GUN
フェンダーの2000は現在10万強で販売されてますから相当安かったですね、昔銀座のヤマハホールに展示してあるのを見ましたが、価格は当時で60万位??だったと思います。惜しいことをしましたね・・・・・・・
それを真似たのかどうかテスコが8弦シングルのペダルスティールを出しまして、学生時代に買いましたが、社会人になり会社の倉庫に置いてましたら知らない間に捨てられてしまいました。
その後数十年経って藤井さんからE9を買った次第です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ