千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
(更に追記)

ギルドのギターの生音とピッキング、そしてPAと生歌の距離も良かったのかも、大変な臨場感でした。
投稿者:千田佳生
青木タカオ 様(追記)

「ひなゆき」サンとのアンサンブルも秀逸でした!

これからのお二人のご活躍を期待しています。
投稿者:千田佳生
青木タカオ 様

わざわざ丁寧なお礼をありがとうございます。

大谷氏、とっちゃんを介して、思いがけない再会をしたこと..(本当にビックリして何回も言ってしまった..)

青木さんのCDに参加させてもらったこと、『地下生活者の夜』に幾度も参加させてもらったこと..
『稲生座』に私が出る度来て頂いたこと..

そしてオリジナルを提供してもらったこと..

特に『兄弟』『陸路の船』は、ある時期、私のライブを支えてくれていました。

『兄弟』は更にリメイクして、ソロスタイルのペダルスチール弾き語りながら、カントリーロックからドライヴしたハードな曲へと変貌しています。

また東京に行った特に会いましょう。

ギルドのギターと歌と体の動きが一体となった良いライブでした!
投稿者:青木タカオ
ごめんごめん、アルコールではなくて、アンコールね。失礼しました。。
投稿者:青木タカオ
千ちゃん、富山では、いろいろありがとう。
ブレッドライブ、お疲れさま。
トップにやってくれた千ちゃんには、100Wの電球のようなパワーがありました。まぶしかったなー。
そして、みんなの唄を一曲ずつ歌ってくれてありがとう。ラスト、千ちゃんのアルコールでも良かったな。また今度ね。。東京でも会いましょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ