千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
ベックらこ様

最初にちょっと訂正を、韓国の女の子達に大変喜ばれ「今夜のライブに『オギヨディオラ』でセッションしてください!」と言われていたのですが..彼女たちの思いは主催者側の「スキヤ〇ミートザワールド実行委員会」の理解を得られずにCDを渡されて謝罪されたことがあるのが真相です。


「ホテルカリフォルニア」は詞に私にとってはスピリチュアルな想いがあります。

イーグルスの詞というか世界観はお手本にしています。

「ホテルカリフォルニア」が有名なだけでやろうとしているんではありません。
山本安見訳「イーグルス詩集」には青春時代からグッと来る心に言い表せないものがあり、本当に自分にとって忘れられない世界観です..。
投稿者:ベックらこ
僕は、ペダルスチール以外(例えば、ギター)で弾いて面白い曲はやらない方がいいと思います

千田さんの日記に、韓国の女の子に韓国の曲を弾いて喜ばれ楽屋にいったら追い返されたってのがあったと思うのですが、その時千田さんがギターで韓国の曲を弾いたとしても喜ばれたと思います
つまり、彼女らは確かに曲に喜んだけど、スチールプレイに喜んだかどうかは不明です
勿論、千田さんの気転と引出しの多さの勝利だったわけですが、それ自体はペダルスチールと直接関係ないと思います

よって、ホテルカルフォルニアは不用と思います
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ