千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生


14:20に帰宅、途中駅前スーパーにて晩飯の買い物「鯖味噌焼き。」「白飯。」「牛乳(1L)。」 880円。


今回はT奈保子先生から『T病眼手帳』をもらい、「毎回持ってきて下さいね。」とのこと。


基本的な内容は。

『眼科受診のススメ』


1 T病網膜症は単純、増殖前(=前増殖)、増殖網膜症の3段階で進行します。


2 はじめのうちは全く自覚症状がありません。自覚症状が出た時にはかなり重症です。


3 増殖網膜症に進行すると失明の危険性が高まります。この段階に至らないように管理することが大切です。適切な治療により、症状が安定する場合もあります。


4 この手帳を参考にして、自分の目の状態を把握し、中断・放置することなく、定期的な眼科受診及び、精密眼底検査を受けましょう。


5 精密眼底検査の目安

網膜症なし:6〜12ケ月に1回

単純(注意):3〜6ケ月に1回

増殖前(やや危険):1〜2ケ月に1回

増殖(危険):2週間〜1ケ月に1回



上記は精密眼底検査の目安です。日常診療の受診時期は主治医の先生に従ってください。



…と、ある。



それで今回の私の評価と次回予定は…。

記載者 T 奈保子

受診日 H27年 3月 12日

次回診察日 3週間後

矯正視力 右目 1.0 左目 0.8


眼圧 右目 14 左目 13

白内障 両目 1


T病網膜症 両目 増殖


T病黄班症 両目 有り


という結果だった。


因みに白内障段階

0 なし

1 軽度

2 中程度

3 高度

4 偽・無水晶体眼


しっかりとした「カロリーコントロール」をするくらいしか私の出来る事は無い…。

結果を手帳に書かれて…『頭から氷水をぶっかけられた!』心境である。


失明したら終りだ。

全力を尽くそう。

投稿者:千田佳生


結局、目の前も良く見えない「小杉駅」まで歩くのはあきらめ。


病院前で待機していたタクシーに乗る。

コミュニティバスも有るらしいが、時刻表の文字と数字が細かすぎ、見えないし本数も少いらしい。


平日なのに人々が多い。


降雪、荒天ますますひどくなり駅裏の「COCO'S」で日替りランチ。


「日替りランチ」

900kcal 630円


投稿者:千田佳生


ふと、コープランドの「アメリカ」が耳にとまり聴いてしまう。

あと「ジュピター」 サンサース「白鳥」外来食堂で動けなくなってるBGMだけのために。


投稿者:千田佳生


次回診察と治療は、4月2日(水)AM9:00から、今日のペースと同じような時間帯に終わるかもしれない。

治療費 1.350円


次に「外来食堂」にて…。


「モーニングセット」 400円 トースト1枚 目玉焼き1 サラダ少々 コーヒー

食い足りず、同じもの物を追加…。


雪が降ってきた…。

目は相変わらず「薄らボンヤリ」で、駅に歩いて帰るのは荒天、降雪のためあきらめた。


メニューに「煮野菜」 400円 というのが有ったが、券売機には販売停止の表示…昨日、a看護婦さんから「野菜不足。」を指摘されていたから、食べてみたかったな…。


「モーニングセット」はもうヤメにしよう。


この荒天、どうやって帰ろうか!?時刻は111:27を過ぎた。


この目では電動マルノコでの作業は無理な話だ…。


投稿者:千田佳生


9:00時に少し前、目の断面図を撮影される。


「青い光を見つめてください。」


縦に、横に赤い線が走るのだが…。


右目の直線に対する歪みは左目とは歴然としている。


今日初めて、この検査が「目の断面図の検査」だと分かった。


小便に行ってる間に「30番の方ー!」と呼び出し。


T奈保子先生に診察を受けてる最中に叔父さんから電話あり、「すわ!訃報か!?」と思ったら「佳生ちゃん!どこにいる?」誰かの訃報でなく様子伺いの電話…いつも叔父さんにはタイミングが悪すぎて苦笑させられる。


ただいまレーザー治療前の麻酔点眼薬をさされる。


ブログをつけるのも目の前がボンヤリ白けて来て限界に近い…。


奈保子先生からは、次回から「血糖値ノートを持ってきたほうが良いですか?」と尋ねると「持ってきてください。」とのこと。

レーザーの麻酔点眼薬の後、奈保子先生が自らレーザー照射!妙な痛さは、あい変わらず、しかし「痛い!」とは死んでも言いたくない。


目にレーザーの弾痕が映っていく…「もしかしたら治る頃には癌で死んでいるかも知れんな…。」妙なことを考えた。


投稿者:千田佳生


8:30に、視力検査、眼圧検査、検査名は忘れたが「網目」を見て「歪んで見えますか?」に対して右目だけだった歪みが、左目にも現れかけてる状態…左目の視力は悪いという程ではなかったはずが、結構ガタッと落ちてきたこと。


点眼薬をさされ、視界が白くなっていくまえに書いておく。

投稿者:千田佳生


8:00「真生会富山病院」着。


ここまでの交通費…電車410円、タクシー1.120円。


着いたら、お年寄りの皆さんが「整理番号。」をもって『受付機械』にカードを入れるため並んでいるが、「アンタ『整理券』はどうした?」と言われて、皆さん随分と長く並んでいるようである。


因みに私は27番号の整理券を持っている人に注意された…。

しばらくしてカード受付終了。


ファイルをもらい、診察番号は「30番」となる。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ