千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生


発泡酒が飲みたくなりコンビニに行く。

ギリギリで「アサヒ ドライ0」を買って飲酒欲求をかわした。

眠る…。


身体中の機能維持という動機がなければ、ここまでしない!


投稿者:千田佳生


風呂に入ったあとは、傷口の処置して…。

『ど根性ガエル』

でも視るしかない。
雨は結局降らなかった、「サム〇イ」かW.C.カラスでも見に行けばよかったかな…。

しかし今は『アルコホリック』の入り口手前にいるから、ガマンのしどころだろう。

それにしても『ど根性ガエル』はスゴい人気らしい。


投稿者:千田佳生


夕食 「酢豚定食」


1.150円


ジャヌ アマ3 セイブ

19:00 夕食をとる、酢、タマネギ、ピーマン…「野菜カレー」といい偏食かもしれないが、とくに『酢』は身体にとても良いようだ、タマネギも血液を「サラサラにする効果」があるという…。


今テレビにて「ルイボスティ(茶)」『ゴースト血管』生活習慣病からくる抹消血管に良く、血管を丈夫にすると放映されてたので覚えておきたい…というより、試してみる価値あり。


スーパーで手に入るのか?


1杯あたり20円とのこと。


投稿者:千田佳生


16:56 帰宅。


消防署の前での休憩は省いた、天候…空の色が怪しくなりだし、「立ち漕ぎ」で予定コースを目一杯ペダルを踏み、今は部屋で冷房をつけている。


今日は明日の雨をみこして、どこも『刈り入れ』の真っ最中だった。


これだけ気象予報が発達しても、天候は予報を嘲笑うかのごとくに大災害をひきおこす…。


我が町内の可変側溝は…変わりゆく「人為的な『気候変動』に対応できるだろうか!?


私見だが、災害時『車での移動』は、反って津波以外は大災害をもたらす可能性がある気がする。


関東辺りでの「大地震」は、いつか必ずや起きるであろう!


『人類の知恵』は、地震を未然に防ぐために『地震源』つまり、日本列島の各プレートに掛かった力を、超地下深く何千とボーリングして、プレートの負荷を少しづつ、やわらげて一気に起こるプレートの反発力による『大地震』を予防できないものか?


何時も「さく泉工事・ボーリング調査」に、たずさわった時に考えた事だったが…解りやすく言うと、アメリカが最近までやっていた『地下核実験』を「地殻とマントル層の『はざま』で核を使って爆破する。」

…というものだが、あまりに壮大過ぎて遠い遠い未来像のことを思い描いてみたが、必ずでるだろうな…。

「人工地震を頻発させたおかげで、うちの温泉の源泉が止まった!」


そんな苦情が殺到することが…。(苦笑)


たまに、突拍子もないことを考えることがある…。


投稿者:千田佳生


「☆小舎」15:30着。


風を受けて走ってる間はいいが、自転車を下りて…汗が吹き出してくる。


本日は稲穂が、たわわに実った田で「刈り入れ」の光景が目だつ…。


今は快晴だが、「18:00あたりから降りだし、明日は雨だ!」


とは、地元のお百姓さんの話。


帰り道『三角形の底辺』にあたる359号線は完璧な向かい風!そうとうに踏んばってペダル漕ぐ必要がある…というか、調度いい負荷になると思うことにしよう。


富山市でW.C.カラス氏のライブがあるが、入場料、交通費、アルコール依存症の入り口前に居る自分は、きっとハイになって飲んでしまうだろう。

ブルーズ チャートで2ndCDが好評をとり、1位になった祝福を直接会って云いたいが、テレくさいのもある…。


彼のパーソナリティは何処でもウケるだろう、天性のものがある。


今の体調と向かい風では、消防署前にて2度めの休憩をとることは確定だ…。


ベイクドチーズケーキ


300円


16:13 発走する。


投稿者:千田佳生


今夜の『安眠』を確保するべく、自転車の「小矢部南側周回コース」を走ってくる準備をする。


14:55 発走する。


投稿者:千田佳生


友人を待っていたが、「遅いな…。」とおもったら電話あり。


「カレーライス作ったので食べに来ませんか?」


快諾するが、外に「遊びに(カラオケ)いく」のは中止になったそうだ、残念。


「野菜カレー」で、とても健康的。


しかも「味噌汁」と、昨夜も飲んだ「アサヒドライ0」も2本つけてくれる。


「ノンアルコールビール」は飲み方を誤ると、大量の飲酒に繋がりかねない側面がある。

しかし「どうしてもビールを飲みたくてたまらない!」


…そんな時には「飲酒欲求をかわす効果がある。」


『アルコール依存症』の入り口手前にいる自分には、「ノンアルコールビール」も程々にしなければならない。


…そして友人はギターを持ってきた。


「ギターレクチャー」というと偉そうだが、今回も始まった。


コブクロの代表曲。

『桜』を弾いてみせる(コード伴奏とストローク)。


最近の曲、特にコブクロの一連の曲は「3コード・循環コードで済む。」…という「概念」からは大分離れていて、部分転調を感じさせない「なめらかなメロディ」を考えると…まだなかなか、ギターコードストロークなど、おぼつかない友人には「かなり難しい曲」としか言いようがない。


高田渡さんの曲や、拓郎さんの曲と違い、コブクロの曲は難易度がギター初心者には「高い!」としか思えないが、時代がそれだけ感性が発達した…。

そんなところだろう。

一緒に「カラオケボックス」に同行する友人は、自分より高音部の音程が「一音半から二音高いハイトーン」の持ち主である。


「カラオケボックス」に行けば、素質がもったいない。と常に思って帰ることが多い。

今週の火曜日「メロメロポッチ」にて…。


『アンダーグラウンドナイト』が月初めの火曜日に行われていることを知り、友人を「何とかだせないか?」…と実は思ってる。


素質は有るのだ、しかし、フィーリングは自分で勝ち取ってもらうしかない。


そのための「テクニカルなレクチャー」に自分は協力は惜しまない。


しかし、今のところ『原石』である、しかし磨けば光る…。


そう見ている。


投稿者:千田佳生


朝、起きての練習曲をペダルスチール『ソロスタイル』で、過去に演奏した曲を「発掘」して弾く作業の続き…懐かしき『ウエスト コースト』から。

「ハート オブ ザ ナイト」 「トライ アンド ラブ アゲイン」 「駆け足の人生」 「チャイナグローブ」 「テイク イット イージー」(総て歌なし)


…を弾いてみる。


初めての試みだが、「エリザベス リードの追憶」を弾いてみたが巧くいかなかった…と、いうより曲の構成も忘れている。


しかしバッキングしながら、メロデイやアドリブを弾いていくのは楽しいもので、プレイしていてだんだん楽しくなってきた。

だけど少しづつ…。

しかし、歌を歌おうとする欲求が未だ、起こらない。


まるで「テンプルを打てなくなった『矢吹丈』のように…。」


あまり深くは考えまい!


とにかく今は、かつて弾いた曲の「発掘作業」とリハビリだと考えている…。


70年代「ウエスト コースト ロック」はやはり好いなぁ…と思う、今は楽しんで弾いてる。


投稿者:千田佳生


マルコとの散歩「短距離コース」終了。


マルコの排泄も順調、ドライフードをガツガツ食べる…。


現在友人の迎えを待ってる。


ペダルスチールを弾こう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ