千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
いつも書き込みありがとうございます。それにしても「姫神せんせいしょん」とはニクイですね!まさに、日本の土着的な感性です。ロバートランドルフは素晴らしい!駒沢祐城さんも独自のクラシカルな世界観で素晴らしい音楽を作っておられます。オリジナルを作って演奏することは私のおおきなエネルギー源です。それと、数はすくなくても、励ましていただけるアイバニーズ様や、他音楽人の皆さん方が大いなる励みになります。ヒーリング系、ロック系、って言われることは大変嬉しいですね。またそのうちセッションでもやりたいです。具象画、抽象画、観念的になりすぎないように、今もストリートに出たり、作曲したり…。若い子達にはまだまだ負けませんよ。元気出していこう!
投稿者:ibanez
演奏による表現について感じることがありましたのでカキコさせていただきます。
ペダルスチールギター…ある程度「音楽好き」を自認する人達にどれくらいの認知度があるでしょうか?残念ながら、千田さんのおっしゃるとおり、その数は極めて少数であると思います。
反して、DEPAPEPE、押尾コータローに代表されるアコギインストは、身近な生音で今流行の癒し、リラクゼーションに通じるものがありますね。
表現の仕方は楽器により、それぞれ良いところ、難しいところは致し方ないところ。ランドルフのようにペダルスチールでカッコイイバンドもありますし。
そもそも座って弾く楽器というのは動きが制限されますから、派手なパフォーマンスはないにしろ、そこから繰り出される音はよほどの通でない限り、ギターとなんら変わらない。違うのは運指やピッキングがオーディエンスに見えない…これは総合的にみて、かなり不利な要素ではないかと思います。
そんな不利な状況ながら「弾き語り」という形で完成形へと確立しつつある千田さんのご活躍を期待しています。あるいは、姫神のような民族音楽的なアプローチも面白いのではないかなと思ったりしますが…。
ROBERT RANDOLPH & The FAMILY BAND
http://www.robertrandolph.net/

http://www.robertrandolph.net/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ