千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
E9th様

書き込みありがとうございます。プリアンプ検討してみたいです。しかしソロスタイルの今はあまり必要性が薄いかもしれません。



pedalsteel.senda@ezweb.ne.jp
投稿者:E9
CANOPUSで扱ってました。流石です。
http://www.din.or.jp/~canopus/goodrich.htm
投稿者:E9
ああ、やっぱり。アドレス繋げてアクセスして下さ
い。
投稿者:E9
検索したらgoodrichありました。もっと詳しいHP
あるかもしれませんが、たぶんこれですね。
http://www.steelguitarcanada.com/acces/
buffer.htm
投稿者:千田佳生
E9th様

コンプレッサーは私の場合、今から試してみようと思ってます。ただこれ以上荷物が多くなり機動性が悪くなるのは少し考えるところです。
投稿者:千田佳生
E9th様

ありがとうございます。「なんちゃってハモンドオルガン」ですが(笑)現在使っているライン6ですが、この機種にはドライブさせるコントロールがついています。今のところ他のレスリーのシュミレーターも試しましたがライン6が最もキレイな音でした。(それにバッテリードライブでないとストリートをやる都合上使えない。)後、ご存じかもしれませんがC6th(B6th)チューニングでないと全くそれらしくはなりません、それとピッキングはパーカッシブに、人によってはボリュームペダルはピッキングの瞬間にちょっとボリュームを落とすなどのテクニックがあるようです。ハモンドオルガンとはまた違った味わいがあり、C6th(B6th)サウンドのまた違った側面といった解釈だと思いますね。もうひとつは、私も欲しいプリアンプで駒沢さんのスチールを弾いた時がありましたが、「音がふといな」と思いましたが、詳しいことはわかりません。レスリースピーカーも試しましたがライブでは機動性の面やセッティングの速さでライン6で十分だと思いますね。ただ、レスリーのスローからファーストに段々速くなる味わいはありませんが(笑)。
投稿者:E9
ありゃ、もひとつ!
グッドリッチです。
なぜか文字が飛んでしまいます。
投稿者:E9
駒沢ではありません。
「駒沢さん」です。失礼しました!
投稿者:E9
いつか千田さんに訊こうと思っていました。私も
POCO/deliver'nでB3サウンドを初めて聴きまし
た。当時はやはりレズリーを通していたのでしょう
か?それとも当時から特別なエフェクターがあった
のですか?サウンド的にあのイナタイファンキィな
雰囲気を出すにはやはりちょっとアンプをドライブ
させないとだめですか?千田さんのなんちゃって
B3基本セッティングを教えて下さい。それとコン
プをお使いでないようですがその理由は?
もうひとつ、駒沢やランドルフがスティール本体か
らぶら下げている箱はなんですか?たしかグッリッ
チ製だった様な・・・。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ