千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生


友人と「高瀬神社」まで行く、路上に車を止めて割と長い距離感に感じる、昨年も似たような時間帯にきたが、昨年は降雪の中を歩いたことを思い出す。


投稿者:千田佳生


いえいえ、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございます。

ピービーは、実は3年ぶり位に音を出しました。

バッテリーアンプの音に「慣れすぎていた!?」自分には好い刺激になりました「シンプルで故障しないアンプ」の良さを再認識した気分です。


例えて言うなれば、バッテリーアンプは「ツルっとした感じ。」


「ピービーは歯応えがある感じ、それとカントリープレイヤーのアンプ」


…だと再認識しましたね!


フェンダーツインが、ベストかもしれませんが、これも故障が多く悩みのアンプです。

オリンピックでは有りませんが「出演できて大変、有意義でした、順番なんて関係ないです!」


S田さん、HOへのリスペクトできたのも、大変他のライブではできない面のこともありました。


お疲れ様でした、また一年、健やかに生きていきたいです。


重ねて、ありがとうございました。


投稿者:まるほ
ご苦労様でした。歌もよく出ていたし、ピービーの音も良かったよ。
もっと早い時間ならお客さんももう少しいたのに・・・。
次回からは時間帯をもっと考慮します。
 それでは・・・Z・z・Z・z~~~~ !。
投稿者:千田佳生


現在2:47…自宅にて書いている。


M坂氏に、自宅まで送ってもらえた…。


「せめて片付けの手伝い。」と思っていたのだが。


H井さんの取り計らいで、M坂さんに送ってもらえた(ありがとうございました)。


今年最初のライブは、A氏に「規定時間より短めに。」と、メールにて言われたこともあるが、最後の出演者であることもあり「時間帯を意識した。」


「新年には」(曲中MC)
「チキン」(ジャコパストリアスのファンだった故.S田さんにリスペクトするため)

「青い影」(この曲を教えてくれた故.HOへのリスペクト)

「その窓は開けておいて」(ライブを企画、進行、制作をしてもらったスタッフ諸氏へのリスペクト)

「ジェシカ〜国道8号線〜ジェシカ」

「トップ オブ ザ ワールド」(昨年亡くなったビッグE、バディ エモンズへのリスペクト)


帰り車中にてM坂さんに「リハの時より好かった。」


そう感想を言われて、本当に嬉しいものがあった。


T企画の皆さん、本当に「ありがとうございました。」


大変と思いますが。

「その窓は開けておいて」

…ください、お疲れ様でした。


投稿者:千田佳生


TOMOちゃん…。

いつか病院で会って以来。

PA縮小!?


あまい好い声になったなあ…。

オリジナルに思い入れが出てるなぁ。

思わぬ歌声での再会。
PAのトラブルで少々止まったが…オリジナルが真摯な感じがする。


投稿者:千田佳生


吟遊詩人はピアノが絶品!

気合いがはいる。

デスペラード…先に弾かれてしまった…。
素晴らしい歌詞である今でも。


投稿者:千田佳生


アコースティックギター女性ボーカル…。
最初の曲が秀逸でした。

歌詞がハッキリ聴こえて良い。


投稿者:千田佳生


「ライオンダンス」

20年前から聴いてる、パンキッシュである!


投稿者:千田佳生


N田さんの挨拶のあと。

「ハートパニック」

メンバーが私のことを覚えていてくれて恐縮する。


年季の入ったハードロック!

安心して聴ける…。


投稿者:千田佳生


「会場に行ってセッティングを手伝おう。」

そう思って早めに会場に入ったら…。


セッティングは終っていて、結果的にリハーサルさせてもらえて感謝でした。


「バンドでリハは手間取る。」


の読みをしていたけれど、要らぬ心配事でした。


今「ライオンダンス」のリハーサル中…。


今年も温かいスタッフやバンド諸氏と過ごせる現実が「大変幸せなこと…。」


素直にそう思える。


今年は「ライン6モジュレーション」だけでファズ、ボリュームペダルは無し!


…の大変勇気の要るセッティング、ここらで初心に戻って「PAセッティングしやすく、バランスのとれたライブにするつもり。

マイクとボーカルの距離感も意識して、クリアな歌と、ペダルスチールを届けたい…。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ