千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
河村様

ありがとうございます。BLUES JAZZ イベントでまた出演の機会をお願いします。私が本当にやりたいことは、ジャンルに縛られず、多くのジャンルを「絵の具」として「自分の音楽を創作していけること。」そのためには「習作」としてライブで演奏はしませんが、カバー曲や、そのジャンルのエチュードをやってみたりの「プレイヤー」の視点、でも常に「ソングライター」の視点と音楽を前提にしない。「大切さ」といつまでも歌いたい、弾きたいという「音楽する純情」でやっていきたいです。飲みながら、いいねぇ〜、今度桜の良いところで一杯やりながら、電源の無いところでバッテリーアンプでストリートしようと思ってて、延々弾いていたいなあ…。
投稿者:河村
言葉の持ち合わせが無い人ってのはありますね!

まあぜんいんが同じしてんで音楽を愛しているわけではないので仕方ない話かもしれませんが(笑)
押し付けがましいのもすきじゃ有りませんが自分が信じた事くらいつきとおしたい27歳です少し飲んでます!
一緒に飲んでいっぱい話したいですね!

今度春から夏にかけて旧福光町の飲み屋でブルース、JAZZ系のEventなんぞも計画中です。笑!僕もギターもってセッションなんぞしたいなー!と思ってます!!




http://blog.livedoor.jp/muuchans/
投稿者:千田佳生
河村様

お久しぶりです。そして昨年はありがとうございました。
文脈から説明不足でした。言いたかったことは、楽器だけ見て、その先入観で判断されてしまい、音楽を聞いてない人がいる、または聞いても理解しえない、なにしろ、ディストーションかけてギンギンにやっているのに「ハワイアン」といわれたひにゃ、思いっきり、イナバウア〜ですよ。この傾向は私より一回り以上の人たちに多い傾向だと言えます。「ハワイアン」と表現するしか言葉の持ち合わせが無い人たちかもしれないですね。若い人たちは、そんなハワイアン黄金期を知らないから、率直にあるがまま感じてくれるのは嬉しいです。しかし、若い人たちはメジャーなものしか反応しない人たちも多く、そんな状況で私や河村氏の作りあげようとしていることは、そんなメジャー追従型でなく、(いや、ちょっと乱暴!良いものは良いという原則を踏まえて。)「これが我々の創作物」と言われるようなもの!現在私は「わかってくれる人たちはわかってくれている」といった状態、「音楽する純情」を踏まえた上で、今こうして音楽できていることが、いまだ嬉しくてたまらない感じです。お互い楽しみながら良い音楽を作り続けましょうね。
投稿者:河村
難しい事はわかりませんが、僕も先入観は有ります。
スティールのって気持ちもありますカントリ、ハワイアン、良いと思います。
もちろん千田さんプレイにもしびれます!
福光の七夕は必ずハワイアンがかかります。
だからいいか悪いかわかりませんがスティールの音はみんななじみが有ると思いますが、だから千田さんに出てもらったら・・・と思ってお願いしました!
なんだかジャンルというくくりが良くわかりませんがソウル(魂)は感じます!
ワクワクするとかドキドキするとか。
まだ小童なのでよくわかりませんが(笑)

今年夏はどんなイベントするかまだ具体的に決めていませんがまた一緒にやってKidsの心を揺さぶるブッキングしたいです!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ