千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生様
沖縄様

コメントありがとうございます。
各国の力関係はしかし、「我々は敗戦国なのです。」は寂しい感情をもちました。先日見た「その時歴史が動いた」で白州次郎さんの「我々は戦争に負けただけで奴隷になったわけではない。」に日本人の誇りを見た気がしました。 現実は見つめ続けていくべきですが、理不尽に感じることには素直に感じることにします。これからも。
投稿者:沖縄
北朝鮮拉致問題の現在の進捗を見ればわかりますが、やはり世界のリーダーです。日本で解決できないことが、かの国ならなんとかしてくれる、そんな期待を持たせてくれます。かの国に従わないと我が国は飢え死にしてしまいますね。
我が国は敗戦国なのです。抗う事はできないのです。金で済むならそれでいい。占領されるよりは。
投稿者:千田佳生
お久しぶりです。全く日本にとっては屈辱的な話ですが、首相のコメントもまさかアメリカで失笑を買ってるのでは?と思いたくもない想像をしてしまいます。まずは、慌てないことですが、確かに、ペダルスチールが生まれた国で、大好きなアーティストを育んだ国が…、心中、お察しします。
投稿者:E9
お久し振りです。
こんな屈辱的な事を含めこの国が何かやるたびに、
米国音楽愛好家としてのジレンマをいつも感じま
す。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ