千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
E9様 ろくたん様

投稿ありがとうございました。私の場合ギターを買うことは結婚すること。(いや、大袈裟ですね。)しかし、それくらいギターそれぞれ表情があり、我が友青木タカオ氏の言葉を借りれば「ちょっとぐらい良い音なら絶対買っちゃダメ!びっくりするくらい良い音でなくちゃ!!」基本はこれにつきます。それと、「鳴り」を大きく左右するのは各フレットのピッチです。ペダルスチールをやっているてフレットの音程にはかなり敏感になります。私の各メーカーのギター感はギター自身の差もあれ、正直な感想です。ギブソンはあたりはずれが大きく、大きな音がしてもフレットのピッチが許せないものを沢山見ました。ギターチューナーを持って行ってピッチが123456789101112フレットで4セントずれていたら名門の子女でも対象外です。ギターは不完全な楽器であるとはよく言われますが…、鳴りとピッチ、楽器店員がちょっと弦が劣化すればピッチが合う。とか言う説を言った人間もいますが。(古いギブソンなど)らしいですが指の押し弦の具合からトップ板の状態、いやはや大変ですねペグも大きくサウンドに関係します。やはり、時間をかけて製作されたギターは、両親の愛に育まれた子女のようにきれいですね。人件費の関係でギターに対する製作期間が短いものは例外もあると思いますが、差が出ると思います、高坂氏がギターを購入するときは小姑か姑のように、「あの娘はクセ持っとる」とか言ってしまいそうですが、マーチン派ですね私は、ろくたん様の奥さんはギターに例えるとD28ですよ。そのこころは、派手さは無いがネックとバックがしっかりしている。私がマーチンを弾いて悪かったギターはあまり記憶がありません、日本でも、ヤマハのFG110 150 180の昔のFGの昭和40年代のかる〜い紙のようなギターは味があり、軽量化したギターで侮れない味わいがあるギターで私は好きですが、やはりマーチンのがっしりしてハカランダを使った過去のもので、フレットの状態が良いものを勧めます、最近はフレットのシステムもジャストのものが考案されますますピッチと鳴りは極められてきた感があります。だからと言って、良い音かと言うとまた別の問題かも、最終的にはびっくりするくらい良いギターですね、私もマーチンが欲しいです。
投稿者:「ろくたん」
おつかれーっす。(^_^)

1500円はちと高いが結構楽しめましたね。
観客を見れば「押尾のマネ」が正解だったかも。

4曲と言う時間的制約を考えると歌物を混ぜるのも難しく感じます。
本当は歌モノを歌いたいんだけど....ウケを考えてしまう私は弱いやつです。_| ̄|○

うん、千田さんに言われて痛い所突かれたなって感じでした。ビート感悪いんですよね。(^^ゞ
ちょっとリズムボックスとあわせる練習もしてみます。

うん。ク篁瓩離」拭爾呂修蹐修輓匹な「鯒磴辰進Cフ匹い茲Δ糞い發靴泙后

http://tadaoya.tonamino.net/
投稿者:E9
ギターたとえ話。がはははは!座布団2枚!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ