千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
内灘の客人様

この間はありがとうございました。なんにしてもあれだけの時間聞いてもらえてなおかつ、素晴らしいギターを聞かせていただけたことに感謝致します。そういえばスキヤキミートザワールドでしたね、去年は手違いがあり、どん詰まりで出演できませんでしたが…。こちらこそまたセッションお願いいたします。ありがとうございました。
投稿者:内灘の客人
中村です。週末はありがとうございました。セッションも兎に角楽しかったです。勢いだけのギターで申し訳ございませんでした(笑。是非また一緒にやりたいですね。ちゃんとしたライブもやってみたいかなあとも思いました。
読譜(譜面)や理論なんてのは扱う側次第ですよね。全く必要ないとは流石に言えませんが、弾き手が居なきゃ何の役にも立たないモノですから。同じ譜面でもオケや指揮者の解釈で全く違うものになりますし、何より聞き手の心を動かさないことにゃ只の〇〇〇ーですし。それに頼らずに幾らでも変幻自在に音楽の性質を変える事が出来るのは何よりもアドバンテージが在ると個人的には思います。
今年もスキヤキ在るみたいですね。つっても一回も行ったことないですけど。
投稿者:千田佳生
まる901様

自由を我らが馬とする。「譜面の初見」実は結構憧れてました。若い頃は、その昔エレキギターをやっていたころはそれなりに弾いていた頃が今はウソのように、スチールでは「やっと」、っていう感じです。譜面はメモですよね、あとは「ここをこうしたら…。」というまとめる時の便利さや譜面を立てに捉えてのアナライズとか、譜面ばかりにこだわるミュージシャンっていう人もいるんだなあ、っていう感じですが…、理論は決して否定しませんが…。勢いで作れたり、「譜面がなければ弾けない」っていうのも、そもそも変ですね。
投稿者:まる901
卵が先か、鶏が先か・・・
少なくとも音楽の起源は、人々の喜び、悲しみ、怒り、そして祈りという感情だと思う。

理論は・・・後からついてくればいいのかも。

http://maru901.at.webry.info/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ