千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村
お今晩は。
火曜日から今日の朝まで東京行ってました。用事の合間をぬって御茶の水へ(というか無意識ですけど)。ヴィンテージギブソン、フェンダーのラップスティールが10万以下で売ってました。状態も良く、買いたい衝動に駆られましたが、何故必要なのかという質問が自分の中から湧いてきたので一命を取り留めました。ギターすら満足に弾けないのに他の楽器なんて百年早い、最近はベース馬鹿ですし。

ロッドが壊れたとの事、何より吃驚はあの細いカレ(カノジョ?)が24年間持ったんですね。繊細な曲でもあれだけハードに踏んでいれば楽器が我慢できなさそうですが。これは千田さんの「愛」ですよ(笑)。笑い事じゃなくマジで。小生の妻、フェンダーストラトなんか音楽初めてたった10年使ってボロボロです。色々なモノに溺れた上での小生なりの愛情表現ですが。

何らかのイベントの抱き合わせ、ハコやコヤでの出演等々主催やオーナーの打算に付き合わなければいけないのはどんな音楽人にも現実問題としてついて回るのでしょうが、そういう机上の薄っぺらのモノを超えた音楽の良心があれば何ものにも勝ると思います、いや勝ります。それが千田さんの様な方々には有るし、音楽にとって一番必要な部分です。

音楽人側がマーケットに歩み寄らなきゃいけないのが社会通念として存在していますが、「何」を成すべきかと言う明確な目的が無い事には本質的な部分で箸にも棒にも掛かりません。

と、青臭いことを書いてしまいましたが、音楽人(巷のコピー人は無関係)はこういう意識は必須という勝手な持論を展開してしまいまして申し訳御座いません。

26、27日スキヤキ見に行きますぜ。無料のとこだけ。来週中頃、五箇山に行く予定が有るのでスケジュールが合えば帰りにストリートでもして見たいですね。あ、まともに合わせられる曲が少ないか・・・。

長々と書き殴ってしまいました。長文、乱文大変失礼しました。では27日に。
投稿者:千田佳生
直しました、イライラして思いだしたくないもないことまで書いてしまった…。ロッドを万力ではさんでハンマーで叩いてフックを作るだけだが…、もしかしたら短いかも!それこそ明後日のライブはおしまいだ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ