千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
中村様

おそらくはデビッドリンドリースタイルのハードドライビングなスチールではないか?と思われますが…マイクだとすれば一度プレーするところをみたいですね。
投稿者:中村
こんな時間に失礼します。物事にハマると際限なくなるので、厄介な性分です。
多分、そのマイケルさんですね。気さくな方でした。クランチ気味のこれ以上は無理っていうベストな歪み音、プレイも素晴らしかったです。
投稿者:千田佳生
リッケンバッカーのラップスチールですか?見てみたいな、リックとマイケル(マイク?)だとすれば、まだ見たことないから行ってみたいですね。
投稿者:中村
僕の場合、定期的に立って動き回りながら弾けば寒がらずに済む気がします(笑)。運動にもなりますし。

スタンダードを弾くのはホント勉強になります。色々な3声や4声のコードを自分なりに作っていければ最低限の被らない音作りから発展したバッキング、コードソロも出来そうです。転調の多い曲もいずれ一緒に出来ればいいですね。ギター弾きの無責任発言でした(笑。

今夜は白山市の某所でブールスナイトのベースを任されてきました。持ち込んだDI兼シュミレーターの調子が悪く、ペラペラの音のまま弾いていたので参加者の皆様に弾きよい環境を作れ無かったのではと悔やんでおります。リッケンのラップスチールを弾いてらした外国の方がかなり熱かったです。周りの音を聞きながらセッション出来たのは何より楽しかったです。
投稿者:千田佳生
この間はご苦労さまでした。一緒にあれだけ弾いてもらってうれしいですね。今のところ、この間のブルースの12小節で「ナウ ザ タイム」を弾いています。(バッキングしながらのスタイル)もう少し慣れてきたら、バッキングせず、
1.シングルノートで弾く。
2.バッキングしながらメロディーを弾く
3.バッキングのみを弾く。
これらを織り交ぜながらやれば沢山パターンができますね。後は音色を変えて…。(チェロトーン、ハモンドオルガンなど…。)
寒かったですね…。こちらは手足脚膝、そして歌を歌っていたため汗をかくくらいで気づくのが遅かったですね。今は基礎づくり?いや、本当にペダルスチールでジャズ勉強は難しいですね。そのうち富山駅地下でジャズスタンダードを弾く時に協力してくださいね。
投稿者:中村
こちらこそありがとうございました。7時間もやってたんですね。気付かないほど熱中してしまいましたが、何十曲とやったのでしょうか。流石にこの時期、夜ともなれば冷えますね。
あのレスポールの弦は7年前から張りっぱなしのモノでした。あれだけ弾いてよく切れなかったなあと思います。ちゃんと弦変えて使います。
バッキング、一定のリズムキープをする楽器の上でなら思うが侭動こうと思いましたが、二人きりなのでキープする側に回ってみました。まあ千田さんにソレは必要無かったですね。お互いの頭の中で共通した鳴り物屋が居れば、音を鳴らさない時間も音楽になり得ますね。
お婆さんが喜んでくれてたのが印象深いです。畏まった席で、音楽好きやジャズマニアの独断と偏見の感性に認められる事なんかの何倍も僕は嬉しいですね。あの笑顔に勝るモノは有りませんでした。
ミツバチハウスでの位置取りが何となく解った気もします。カップルや家族連れがベンチで会話を楽しんでいるBGMとして役割が大きい。それが最良のスタンスなんだと。只、発信元に向かい合って聴くのが音楽ではないし、日本人の脳の造りは一緒ですが人それぞれ音楽を受け取る位置が違います。聞き手の位置取りを知ることが出来る良い機会でした。
秋も早々に通り過ぎていくでしょうが、寒くならないうちに富山に伺いたいですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ