千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
みいすけ 様

ありがとうございます。「サラダの国から来た娘」は練習しなくてもいきなり弾けてしまっている自分にビックリしましたが…、みいすけさんの前で歌ったのは赤面するのが自分でもはっきり解るくらい恥ずかしかったですね…。だけど心和み惹かれる佳曲です…。

陸奥A子さんがどうしても先に浮かんでしまいますが..のどかでメルヘンな内容に私自身も心惹かれます、 この曲が出ていた1976年当時は、日本ではカントリーロックも全盛期でした、本当にのどかで心和みます。
投稿者:みいすけ
駅前に 用事があり 地下から行けば ストリートの人たちの 歌が聞けるかな なんて思い 行くと千田さんに 会えました。サラダの国から来た娘 よかったです(^-^) ありがとうございました。もっと ゆっくり 聞きたかったんですが すいません。また 今度 ゆっくり 聞かせてくださいね。まんげつ 歌わせていただき ありがとうございました。幻想的な 演奏で 駅前を なごましてくださいね。♪
投稿者:千田佳生
追記

タカヒロシ氏も訪ねてくれ、彼の曲「ひまわり」を私の伴奏で一緒にやりました。


昨日は多くの知り合いや、友人に路上で会えて良かった。


今の私はここの場所しか友人に会う機会が無い。


私に、日常連絡してくれる友達は稀な自分にとって、今の友人はかけがえのない存在のように思える。

こんなだから、箱の中で単独でライブなど、夢のように思える。


決して、賑やかなストリートでは無いにしろ、私自身の大切な心の寄りどころなのだ…。


大切にしていきたい。この場も知り合いも友人も..
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ