千田佳生のペダルスチールな日々

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:千田佳生
ベック 様

アンプシュミレーターに対するご意見ありがとうございます。

とりあえず楽器店内にて弾いてみた印象は本文中の通りです、まずギターならば、それもシングルノートで威力を発揮するのではないか?ペダルスティールは音数の多さや音の傾向に対応させるにはプレイヤー側にある程度の『慣れ』が必要かもしれません。
この分野のエフェクターは録音に携わっていらっしゃるプレイヤーが、録音する状態と同じようにライブで演奏すると何だかこじんまりとした音に聞こえてしまうケースが多いようです。

ローランドのアンプは確か5W位のアンプだったと思います。出力に問題が有りますね。

きっとペダルスティールにもうまく対応するアンプシュミレーターがまだ先の時代に現れる気がします。
投稿者:ベック
宅録なんでシミュレータ使ってます。
但し、ツインリバーブとかマーシャルスタックとか
まんまの音が出るわけではないので割り切りが必要だと思います。

善し悪しは別として、
コンパクトでいろいろな音が出せるわけですから、
路上される千田さんには重宝すると思います。
ローランドのモデリングアンプとかどうでしょう。
http://www.roland.co.jp/amp/lineup/cube_guitar.html
投稿者:千田佳生
故、ロリーギャラガー氏は言った…。

「ギターってその音を出そうと思えばその音が出せるものなんだ、私はフェンダーストラトキャスターでアコースティックな音を出したいと思ってる、セゴビアのようにね…。」(1977年プレイヤーのインタビュー。)

うん、なるほど!これは心意気ですね。
投稿者:千田佳生
陣屋 BURNYヒロ様

ちょっと反省しました。

ロックは全然違うところにある。

素晴らしいアンプを作っていたグヤトーンスタッフの心意気の時代があった、音の抜けは大事にしても小手先の方法論には走りません!

次のライブと作品をどうか御覧になってください。

システムを煩雑にするよりも、何だか…今の素材を大事に大事に私の純情を音楽にしていきます。
投稿者:BURNYヒロ
グヤトーンのアンプ。数年前に栄ちゃんが東京から帰って来た時,彼の親戚の家の物置まで運転して持ってきました。イベントで彼が演った後長い間だ自分ん家にありました。部屋で毎晩音しょくを楽しんでいました。(ヘタクソ)ながらに。ハムバッキングで下半身がやられそうになるくらいな音でした。でも栄ちゃんが引き取りにきたので、お別れしました。先日、陣屋さんの部屋弾きを拝聴して(トレイナー・アンプ)あたたかい音色に腰砕けになりました。
投稿者:陣屋
「グヤトーン」・・クッソ〜〜〜〜!・泣けますな〜〜〜〜〜!グヤのアンプ〜〜・・25〜30年程前程の物なら「小矢部のG島」んちに有ると思う・・・グヤ・・・テスコ・・・懐かしい・・・日本のアンプは世界に誇れると思うし、今でも凄いと思う・・・。
 でも・・個々の楽器との相性はまた難しい部分もあるんだよネ〜〜〜!
投稿者:千田佳生
陣屋 様

今はPAシステムの発達もありますが、40前の15Wのグヤトーンのアンプはすばらしかったです。見逃されがちですが…。

アンプはエンクロージャーすなわちアンプの箱も音に影響すると思ったものです。15Wなのにツインリバーヴくらいの箱の大きさ音量はさておき、音は大変キレイでした。1966年製品のアンプは素晴らしいアンプでした。

プリアンプの性能が良かったのでしょうか。日本のアンプも捨てたもんじゃありまはせん。
投稿者:陣屋
 私が今回購入したアンブはカナダの「トレイナー社」の15Wの物です。15Wのアンプと言うと、ほとんどの方は「ガキの練習用の物」と感じるかもしませんが、スーピーカー効率はワット数とは関係ありません。と言うか私はスピーカーが自分の音を左右する大きな要素だと考えています。この事はsendaさんも勿論ご存知でしょうし今回、ここではこれ以上に述べませんが・・。
 以前に使用していた「マッチレス」にしても15wでしたが、ミキサーから「音がデカすぎる」と何回か言われました。アンプの出力などよりもやはり自分の求めるサウンドが大事ですね。

 私も 最近のアンプを調べて見たのですが、sendaさんの言う「歪みのバリエーション」は真空管アンプでも可能だと思います・・・。スイッチングでそれらをコントロール出来る機種もあると思います・・・・っていうか、有ります。

 
  
 
投稿者:千田佳生
どなたかアンプシュミレーターの達人というか、使いこなしてジャストフィット、っていうアンプシュミレーター擁護派の方はいらっしゃいますでしょうか!?
投稿者:千田佳生
陣屋 様

早速のコメントありがとうございます。
私も大きな音量の時はPeaVeyのトランジスタAmp、小音量の時はFenderの真空管Ampを使っています。

しかしながら、曲によって歪んだ音のバリエーションの多彩な音色が一台で出せるとしたら…。

大変便利だと思ったのですが…、ペダルスティールではちょっとキツいかも…。
やはりアンプシュミレーターは普通のエレキギターを基準に作られていると思いましたね…。

真空管アンプの灯りは良いですよね、お気持ちは良く分かります。

一般的にペダルスティールは真空管アンプよりトランジスタが使われます。

しかし私も小音量で弾き語りするときのFenderツインリバーヴが一番好きです。ただ、歪んバリエーションがいくつか欲しい関係上マーシャルAmpのディストーションがあれば良いんですが…。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ