晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Orwell
菊池英博先生の増税が日本を破壊する(ダイヤモンド社)が広く読まれ、財政危機論の嘘が理解されることを期待しています。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com
投稿者:Orwell
何時まで経っても、虚偽がわかり通る。いよいよ正念場かもしれません。この記事から2年も経ちましたが。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com
投稿者:regazy
早雲様

分かりやすい御回答、ありがとうございました。

要するに、大企業から税金を沢山取り、無駄な出費を抑えるということが、財政再建につながるわけですね。

「ガセ」という言葉に踊らされました。日本語は難しいですね。

投稿者:早雲
regazyさま、こんばんは。

>日本の財政危機はガセだというのならば、年金や国保などの生活に直結するような問題もガセでしょうか?

財政危機がことさらに喧伝されるのは、財政再建の名の下に消費税上げを進めやすくするためです。
財政赤字がどのように積み重ねられてきたかは、
「日本はなぜ負債大国になったか」http://sun.ap.teacup.com/souun/126.html
を参考にしていただければわかりやすいですが、要は、取るべき所から税金を取っていないことにつきます。

金の滞留しているところから税として金を集め、不足している所に回すことで国民経済はうまく回ります。
「余剰資金の活用法」http://sun.ap.teacup.com/souun/1282.html

「ガセ」と言っているのは、問題がないと言う意味ではありません。
このまま、国民の負担を増やし、福祉を削っていっても解決するような問題ではなく、上記「余剰資金の活用法」などに示されたような政策に転じない限りは解決しない問題だからです。

>国の先進度合いは社会保障の充実度で判断されると考えますが、財政に問題がなければ、何故医療費を抑制する必要があるのでしょうか?

抑制する必要はもちろんありません。
断固として、「拒否」の態度を示し続けるべきでしょう。
投稿者:regazy
早雲様

日本の財政危機はガセだというのならば、年金や国保などの生活に直結するような問題もガセでしょうか?

国の先進度合いは社会保障の充実度で判断されると考えますが、財政に問題がなければ、何故医療費を抑制する必要があるのでしょうか?

当方あまり賢くありませんので、この点につきまして、分かりやすく教えて下さいませんか?


投稿者:早雲
hatimitutoringoさま、こんばんは。

誤解を恐れずに言えば、
>総需要調節の手段にすぎない
ということになります。

元金を返すことは原理的に不可能ですから、「うすめる」ような政策をとり、利払いのみが出来ればよいのです。

政府、マスコミ共々、個人の借金と同様に捉えさせ謬った方向に導こうとしています。
投稿者:hatimitutoringo
国債は借金ではない、総需要調節の手段にすぎない、といったのはラーナーでしたか?

いずれにしても、そのような認識なくして経済政策を論議しても建設的になるわけがなく、自民党も民主党も間違った策を採用するでしょうから、一人あたりGDP世界50位への転落も間近いでしょう。

何とかしなければいけませんね。



http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/
投稿者:沈黙の初夏
早雲殿

むつかしいことではない。
貴殿の説明で充分わかっているつもりだ。

借金というからには誰かが誰かに貸しているわけだが、
健全財政主義者は、政府様が国民様に借りているという概念から一歩も出て考えようとしない。

マクロでみれば国内という一つの系内では、
借り手と貸し手が同一であるという単純な事実を認めようとせず、
政府、日銀、国民が別の系であるかのようにふるまう。

もとをただせば、
同じ円を通貨とする国内にすむ人間が選んだ政府、日銀であるのに・・・である。

たとえば
今日銀にある国債券が火事で燃えてなくなっても誰も困らない。

現代経済システムでは、
そんなものは便宜上の存在だからだ。

本当の赤字とは他の国への借金が貿易収支として蓄積した時だと誰も言わない。

困ったものだ。
投稿者:早雲
看護さん、沈黙の初夏さん、
この記事では少しわかりにくいのですが、

「国家破産」−少し説明します。
http://sun.ap.teacup.com/souun/975.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/976.html

政府債務が積み上がるよりもデフレ状況が続くほうがより問題なのです。
http://sun.ap.teacup.com/souun/957.html#

さらに、国債、日銀に関しては
日銀(中央銀行)と国債関連カテゴリーの各記事を参照してください。
投稿者:沈黙の初夏
わからないのは、お互い様だな。

アホが。
1234|5|

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ