晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
>ようちゃんさま、
平均寿命だけではなく健康寿命も延びているわけですから、高齢者を労働力と出来る方策を採ればいいのかも知れませんね。
>農婦のなげきさま、
ようちゃんさまは言葉が過激なだけですよ。
>なっとくさま、
>3世代同居など昔の家族構成方が子育てが容易な気がします。その際、介護保険費の免除なども考慮すべきです。
私の周囲には3,4世代はおろか5世代同居までいます。おっしゃるとおり、子育ても、介護も容易です。なにより子育て経験者が大勢いるので、悩みが深刻になりません。
>ぶじこれきにんさま、
始めまして、コメントありがとうございます。
お役に立てたところが有れば幸いです。またお出でください。
>springさま、
ご丁寧なご挨拶恐れ入ります。
お役に立てるところが有れば望外の喜びです。
さて、最新記事を読ませていただきましたが、体調回復なさったようで、安心しました。
今後ともよろしくお願いします。
>kaetzchenさま、
# 特に雇用が不安定なパート労働者が余りにも多いことも,数字のごまかしの原因だと思います。
同意です、再生産不可能な給与では、失業とカウントされるべきかも知れません。
大卒が多くても少なくても、教育が不足であったとしても、バブル前の企業では、社内教育にかなりの投資をしていました。
学士や修士ぐらいの(勿論博士でも)能力では会社で実務に要求されるレベルには遙かに不足です。会社も学校での知識など本気で当てにはしていませんでしたから、生き残るために当然の投資をしていました。
これがアウトソーシングなどをきっかけに無くなってきたのも大きいと思います。
大学のレベルは、進学率が上がれば低くなるのは当然で、それはそれで致し方ないと思います。


http://sun.ap.teacup.com/souun/
投稿者:kaetzchen
高度成長期は「大卒」が少なく,大学入試が苛烈を極めていたという事実も加味すると,早雲さんの論理がよく分かる気がします。トラックバックした記事では「大卒が多すぎる」ことに触れましたが,結果的に「労働力人口」として「使える」人材が作られなくなったことも現在の状況が異常な原因ではないかと,元研究者・技術者として思いを馳せてしまいます。

# 特に雇用が不安定なパート労働者が余りにも多いことも,数字のごまかしの原因だと思います。人材派遣会社とグルなんでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:spring
springでございます。
連日の私ごときものへのTB大変恐れ入ります。

感激の極みでございます。

ただいま、ブログに投稿している通り、体調不良でPCに向かえる時間も限られており、自分の、投稿を1日1本ごまかしながら維持するのが、精一杯の状態で、TBがえしも、延期させていただている状態です。

貴殿のブログは、今、大変な感銘を受けておるところで、私ごとき、頭では、その奥深い本質が1度では理解できぬと思い、複数回拝読させていただいた矢先の体調不良による、ご無礼、何卒お許しください。

今後とも、何卒、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

もっと大人にならなければと思いつつ、その一方で、時期投稿しますが、なき友の思い・無念を実現させたいと思っている、昨今でございます。

http://spring.livedoor.biz/
投稿者:ぶじこれきにん
労働力不足=経済成長の低下がロジックでうそで政府が作り上げたフィクションである事をデータ的に裏付けた。高度成長は政策的誘導によるものだという事もわかった。
 内需拡大に逆行する負担増政策は内需を冷やす。(消費税増税を財務省の都合でやれば余計景気後退してしまう)そのことがよくわかった。
投稿者:早雲
iitai-hodaiさま、
先日、識者たちの「ウソ」の記事に「米国産牛肉輸入再開合意」をTB頂いたのですが、同じ労働問題関連と言うことで、該記事の方が適当と思いそちらに関連記事をTBさせていただきました。
不適当と判断されましたら勿論削除していただいて結構です。

http://sun.ap.teacup.com/souun/
投稿者:iitai-hodai
TBいただきありがとうございました。
内容を拝見させていただきましたが、ジジイのブログ記事の内容とは、ほとんど無関係なように思えますが如何でしょうか?
したがって未だTBとして表示しておりません。 何らかの意図がおありでしたらお知らせいただければ幸いです。 もし、一両日中に申出いただけない場合は申し訳ありませんが、頂戴いたしましたTB は削除させていただきます。 悪しからずご了承ください。

http://iitai-hodai.seesaa.net/article/19835426.html
投稿者:なっとく
ようちゃんさんのおっしゃるように適正人口が大切です。子供達に十分な教育と躾けと愛情により社会に立派に貢献できる自立した人間になってもらえます。”働かない&刑務所のお子様の一掃”とは、十分な教育と躾けと愛情で社会復帰していただけば、労働力の不足は無いとの意でしょう。工場の自動化や仕事の創意工夫でまだまだやっていけると。。私たちは、誰でも生きる権利っがありますが、自然環境を破壊する権利は、ありません。3世代同居など昔の家族構成方が子育てが容易な気がします。その際、介護保険費の免除なども考慮すべきです。
投稿者:農婦のなげき
ようちゃんさま。ご自分は、優秀な人間であると自負なさってますね。私は長い間自分を屑だと思いながらも生きてきましたが、貴方の理屈からしたら?。人はロボットではない。心があるから手をつなげる.私のような屑でも,他人様を,いたわる気持ちは十分(?)あります.生きる権利もあります。
投稿者:ようちゃん
これからの時代は適正な人口を維持する事が大事です。過剰な人口はそれだけ後ろ向きの経費がかかる。今までは産業経済の伸びだけを考えれば良かった時代が世界的に人口が大爆発するように年間1億人ずつ増えてる。環境の悪化に対して放置したたまま、金儲けしてたが、赤潮、くらげ、ひとでなどの害から飲料水の確保に水質保全と言う環境の負荷を放置して発展する事は不可能です。又高齢化にしても産業転換してロボット工学に力点を入れ替えたり、機械の操作を簡素化したり、工夫の余地こそ競争力もつけれます。安易な外国人労働力を増やすという厄介な事は欧米で実証すみだから取るべきでは無い。2度の石油危機を機械の熱効率化やエンジンの開発などの創造で乗り切ったのだから日本人は自信を持って是からの産業発展のための研究開発費の方を増額する事が国益です。刑務所にご厄介になるお子様や働かないお子様の一掃だけでも随分人材が豊富になります。又は質の悪化した子育てで社会経費のかかる面倒なお子様なら増えない方がよろしい。
投稿者:早雲
>アルバイシンの丘さま、
TBの件、特別何も触っていません。なぜでしょうね?
そちらの記事読ませていただきました。
愚樵さんの関連記事も読みましたが、私の考えとはお二人とも(当然)微妙に違っています。
纏まらないのでお二人の記事にコメントはまだ出来ません。
布引洋さんのお考えにはかなり共感しますが、加害・被害者の個別の事象と、社会的な事象を分けて論議すべきかなと思います。
>なっとくさま、
おっしゃるとおりです。資料のご提示ありがとうございます。
>なっとくさま、
>「感動創造」さま、
やはり経済の仕組みを我々一般の人間が理解し、政策の適否を判断できるようになるしか無いのではないかと思います。政治家に任せられれば楽なのですが、それは無理のようです。
>「感動創造」さま、
TBありがとうございます。TB、コメント有り難いです。無条件に歓迎です。

http://sun.ap.teacup.com/souun/
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ