晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
関さま、こちらこそご無沙汰しておりました。
途上国研究奨励賞の受賞おめでとうございます。関さまのご研究が正当に認められたことを本当にうれしく思っています。
さて、ご案内のエントリーを拝見させていただきました。私のような素人にも解りやすく、大変参考になりました。ありがとうございます。
ひとつ、解らないことは、砂漠化の問題なのですが、砂漠化してしまった後で緑を回復することは出来ないのでしょうか?
大気水循環が破壊されてしまってから、循環を再生することが、困難なのか、それとも不可能なのか?その辺が疑問です。
またご教示下さい。
投稿者:関
早雲様、ご無沙汰しております。
 雨量の少ないところで、早生樹種(ユーカリなど)を大量に植林すると蒸発散で大量の水を消費して渇水の原因になることは愚樵さまのおおせの通り、常識的なことです。
 日本でもスギ・ヒノキのモノカルチャー造林は渇水期の河川流量を減らす原因になっており、それに関しては国交省も宣伝している通りです。
 でも一口に「スギ・ヒノキ人工林」といっても、間伐や枝打ちの手入れの仕方次第で渇水の原因になる場合もあれば、渇水を緩和させることも可能です。それに関して、「森は全て渇水の原因」であるかのように主張する国交省は誤っております。私のブログの下記エントリーで論じたことがあります。ご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/0d68a5289a6ddcfebb35ff72ad798866
 

http://blog.goo.ne.jp/reforestation/
投稿者:早雲
愚樵さま、こんばんは。
そうでしたか。
「プロ」に確認していただけて心強いです。
いわゆる「世間知」「常識」というものが事実と異なることが多いことには驚きますね。
投稿者:愚樵
早雲さん、こんばんは。
この記事で紹介されている内容は、キコリたる私には既知の事柄です。意識の高い林業関係者のサイトなどでは、ここで示された認識を出発点に、どのようにしたらもっとも生態系に則した山作りができるか、という議論が盛んに行われていたりします。といってもまだまだごく一部ですが。

http://d.hatena.ne.jp/gushoukuuron
投稿者:早雲
アルバイシンの丘さま、こんばんは
森も落葉樹、針葉樹、常緑樹の違いで保水性は大きく違いますからね。
木じゃなくて、落ち葉の堆積が水を保っているわけですから、要は保水に利くのは土の硬さと言うことになるのでしょうか。
カリフォルニアやアリゾナなどでは、確かに水を撒かなければなにも生えませんね。木を植えればせっせと水遣りをしなければなりません。
裏付けまたは反証がとれたら教えてください。

http://sun.ap.teacup.com/souun/
早雲さま こんばんわ.この記事は非常に衝撃的です.こんな所にも常識のウソがあるのですねえ.とても大事なことなので,大騒ぎして人に伝える前に自分でもぜひウラを取りたいと思います.

http://papillon99.exblog.jp

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ