晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sano yoshitomi
大変失礼しました。ご返信誠に有難うございます。よろしくお願いいたします

http://blog.canpan.info/ys-111616
投稿者:早雲
sano yoshitomiさま、こんばんは。
荻上さんの晴耕雨読はこちらではありません。

http://blog.canpan.info/kaizokudan/

です。
これも何かのご縁ですのでこちらのブログにもおいでください。
投稿者:sano yoshitomi
インドネシアからこのページに、荻上さんの晴耕雨読を発見 拝読しました。 ブログ大賞の講演会には出席できません。今後ともよろしくお願い申し上げます。だるま朝日。

http://blog.canpan.info/ys-111616
投稿者:早雲
nikeさま、こんばんは。
一見尤もらしい話も、誰が、何のために、どんな状況で発言したのか、よくよく考えて判断しなければなりません。信頼できるニュース・ソースは有りませんから、バイアスを計算に入れてそれぞれを受け止めるしかないのでしょうが素人には難しすぎます。
何とかバッシングの類のように、世間の大多数が納得したものはうさんくさいと思うことにしていますが。
投稿者:早雲
かくまきさま、こんばんは。
かくまきさまの仰ることは、WTOなどでも主にアジア、アフリカの小規模な農業しかない国々の主張することです。正論であり、貿易が国内の産業を破壊することは正当化出来ないはずなのですが、なぜか通りません。
そもそもは、集落内では貨幣は用いられず、他界との境界でよそものとの取引でのみ貨幣を用いていたのです。
よそものが、集落内に侵入し、掟を破壊し、価値を貨幣との交換価値だけで計る、これがグローバル経済などと呼ばれています。
こんな理不尽は許されないと誰も思わなくなってしまったことが問題です。
投稿者:早雲
せとともこさま、こんばんは。
おかげさまで、達者にしております。
フェミニズムについては残念ながら考えたことがございません。記事を読ませていただいて勉強してみます。
私の関心は、元々が自分たちの地域を何とか存続させたいと言うところから発していますので、環境、経済に向けられてしまいます。
社会の構造は、生命の仕組みと相関があるように思って最近は生命、宇宙にも興味を持っています。
ですが、私の成分は、老子、荘子、般若心経、そしてなぜか孫子で出来ておりまして、発想もそこを越えません。
貴ブログにもまたお邪魔させていただきます。
投稿者:早雲
なっとくさま、こんばんは。
解決の近道は有りませんが、地域内での物やサービスの循環、人と人の繋がりを強めてゆくことで糸口がつかめるように思います。
投稿者:nike
早雲さま、こんにちは。
いつも勉強させていただいております。ありがとうございます。
社会の指導者はいつもこのような神話をばら撒いて事の本質を分からなくしているのですね。教育や福祉などの話になると資源小国だといい、国際的な軍事貢献の事だと経済大国だからという。
国民はお金はあるはずなのに「国の借金」という一面だけを見せられて萎縮して我慢してしまう。
何処かの家庭での、自分だけ遊び呆けて家族のことを省みない「バカオヤジ」みたいなものです。貧しかったときは反省もした良い親父だったが「金も出来、女も出来」と昔言われた成金社長のようになってしまった日本。
もはや改革や改善程度ではなんともならないところへ来てしまったようです。
新しい考え方で世界を作り直さなくてはと思うのですが・・

http://nikemild.exblog.jp/
投稿者:かくまき
早雲様こんにちは。各国の自給率を高め、農産物輸出国は、輸入国の農業を破壊しないこと、という大枠の合意が出来れば世の中かなり違ってくると考えてるのですがどうでしょう。農業はもうけるためではない、生きるため、とかね。そんなに上手く行くわけない!という声があるのでしょうが、めざす方向はそうでないと、もう先はないような気がします。それに世界は今後黙ってないでしょう。日本の政府は言行一致、「愛国心」「郷土愛」を発揮して自給率を高め、農村の伝統文化の破壊をくい止めてもらいましょう。アメリカの押しつけを阻止してもらいましょう(笑)。村が成り立たなくなって泣く泣く神社を壊している映像がありました。いったいこれはだれのせいなのでしょう。言いたい放題ですがまた寄せてください。
 

http:// http://inakadehoel.cocolog-nifty.com/kenpouomamoru/
投稿者:せとともこ
早雲さん。
こんにちは。
お元気でいらっしゃいましたか?
このところ何回もトラックバックを頂きありがとうございました。
早雲さんの記事を拝見しながら環境問題を書こう、書こうと思いながらも、、、
ここしばらくフェミニズム論争で明け暮れていました。(もしこの問題、興味がありましたら、またご意見お聞かせください。)
フェミニズムも一般には偏見が多く、その解決は時間を必要とします。
私も今回の論争の周りをウロウロして、いろいろ学ぶこと大でした。

早雲さんや愚樵さんとは「哲学」のお話をさせていただきたく思い、楽しみにしています。
さて、今日は私も輸入肉再開のエントリーを立てたら、早雲さんも同じようなテーマで書かれていて、一人で嬉しく思っていました。
早速TB致します。
お時間がございましたら、またお立ち寄り下さいね。
では、、、、また。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ