晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
浜の偏屈爺さま、こんばんは。
おさわがせしました。
# ここ10年で奪われた庶民の金利300兆円に見合う住宅ローンと中小企業ローンの一斉徳政令(借金免除)を行い純負債分に付き無利子10年償還の新国債を発行すれば日本の実需は黙っていても延びます
この様な政策はまさに「ケインズ」的デフレ脱出策です。
投稿者:浜の偏屈爺
早雲様 今日は TB有難う御座いました 
エントリーに見合った小文が無いものですからコメントのみお許しください
爺の様な素人にはご紹介の説は長くて難解で良く判りません 爺の理解からすればケインズ理論は社会主義経済の上手く行かぬ事を資本主義社会で上手くやってみようと試みたがやはり上手く行かなかったのでないでしょうか?
通貨増発による経済の伸びを企画 秩序ある伸びにはそれに見合った税の徴収・公共料金の設定・労働者の取り分の保証がシステムとして不可欠なはずでした でも為政者は金持ち 取り分を多くして通貨が偏在 バブルははじけざるを得ません 米国は72年金とドルとの兌換を振り切って当面の問題をかわしました 日本はドルインフレのもとで円がインフレし紙幣が偏在しています 過日もラジオで旧1万円札が24兆円も今だ新札に切り替わっていないとの事でした たんすに眠っているわけ 金融取引詐欺、振り込め詐欺、リフォーム等金の偏在に目をつけた犯罪です
ここ10年で奪われた庶民の金利300兆円に見合う住宅ローンと中小企業ローンの一斉徳政令(借金免除)を行い純負債分に付き無利子10年償還の新国債を発行すれば日本の実需は黙っていても延びます
では又

http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun
投稿者:早雲
アルバイシンの丘さま、こんばんは。
経済は、思っているよりもずっと大事ですよ。
例えば、戦争だって、経済の形によっては必需品ですから。
投稿者:アルバイシンの丘
早雲さま  <別問題です。失業者は資源を浪費する生産をする必要はありません。>
そうですか.よかった.なるほど.お金の廻り方の問題ですね.わかりました.それなら真剣に勉強してみようという気になりました.(すみません^^;)
投稿者:早雲
アルバイシンの丘さま、こんばんは。
これは、経済振興策という訳ではないのです。
日銀はデフレを脱却したとしてゼロ金利政策を解除しました。デフレとは何でしょうか?
デフレとは需要に対して、供給能力が余っている状態です。
供給能力とは、労働する意欲と能力を持つ「人」、生産設備、資金です。
この時必然的に「非自発的」失業が発生します。
これは、単純に言えば、「人」の質や、生産設備の新旧などが原因で起こるのではなく、単に金が流れなくなっただけの事だということをケインズは「発見」したわけです。
労働者は自分の能力に罪悪感を持つことはないのです。様々な「構造」もそれ自体が原因でデフレを引き起こしたわけではありません、全ては、「貨幣」がスムーズに流れれば解決することなのです。
>「消費を如何に増やすか」... 「資源の枯渇」や「環境悪化」の問題とは別問題
別問題です。失業者は資源を浪費する生産をする必要はありません。
例えば、今不足している「医療」、「介護」、その他必要なサービスはたくさんあります。
政府により投資をその様な部門に振り向ければ済むことです。
現実に、今すぐ出来るわけではありませんが、やろうとすればできるということを、我々は知っている必要があります。
投稿者:アルバイシンの丘
早雲さま  一連の経済振興策,敬意を表します.でも実はあまり実感として理解できたわけではないのです.すみません.その程度の理解度でコメントしておこがましいのですが,その振興策とは「消費を如何に増やすか」という観点からの対策だろうと思います.それはそれで「なるほど」と思いますが,「資源の枯渇」や「環境悪化」の問題とは別問題なのでしょうか.つまり,消費が増える→生産が増える→多くの資源を消費する→生産に伴う環境悪化が生じる,というような心配を感じるのですが,どうなんでしょう.経済が萎縮しては人間は生きていけないし,どこかに最適な点を見つけなければいけないのでしょうか.それとも自律作用があるので邁進してよいのでしょうか.あるいは全然関係ないことなんでしょうか.こんな程度の理解ですみません.

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ