晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:きゃお
日本人にとって今一番必要な事、それは世の中、「見える世界と見えない世界がある」これの再認識ではないでしょうか。島国である事のいい意味での利点、稲作文化がもたらした勤勉性。国際金融ファミリーもひょっともして日本を搾取の対象として考えるのでなく、住む場所として考えてくれたら?でも無理ですね。グラバーは日本に骨を埋めました。日本に骨を埋めてくれるヒトから搾取されてもそれほど腹は立ちません、やはり彼ら「国際金融ファミリー」は「日本」を理解できないでしょうね。くどいようですが、日々見えない世界で生きる自分自身をイメージできるヒトこそが人生の勝利者であり、国際金融家も真似できない美味しい蜜なのです。
 少し臭くないましたがごめんなさい。(笑い)
投稿者:幸未来願
明治維新の話とても面白いですね。
この話を見て思ったんですが、彼等は幕末だけでなく、戦国時代にも日本を狙ってます。キリシタン大名を足がかりにして、日本の支配者と取引しようとした。信長位まではうまく出来たのかもしれませんが、家康が信長や秀吉が欧米の対応などの失敗を見て、鎖国をして、彼等は250年、日本に手を出せなかった。これは、家康(日本)が勝って、彼等が負けたからかもしれません。
時代が流れ、彼等は前回の失敗を繰り返さない為、今度は日本の支配者との取引でなく、自分達のいいなりになる人物を支配者になるように仕向けたのかと思いました。250年の平和に馴れた当時の日本人は、戦国時代の彼等の目的や手段など分からずに彼等の力を借りてしまった。これこそ彼等の思う壺であり、勝利でした。明治維新当時から日本は負けていた。でも負けたことを認めず勝った振りをしてごまかしてきたから、抜け出すことが出来ず150年たっても未だに負け続けているんだと思いました。彼等は一度失敗したら、きちんと受け止め次は勝つようにしてるのに、日本人は負けたことをごまかしてそれをしてない。彼等にその時点で負けてます。まずいつから負けたのかを知って、次こそと思わないと駄目だと思いました。
後、西郷隆盛は一度自殺未遂をしたことがあるそうです。欧米に使われる政府に絶望したからかもしれません。
投稿者:農婦
早雲様へ。いやーわたくし、いまアルコウルははいてっますが、この記事をほんの数行拝読しただけで
コメントをしてしまいました。スミちゃんとは、神がかりですねー。いやー、驚きです。後できちんと考えます。なぜなら、私の本名はすみ子なのです。別に驚くことも無いのですが、このすみちゃん記事はまえまえから私のかんがえを映し出しているように感じてました。ですから、誤解をして、私の本名をご存知なのですかとおかしなことを、早雲様に申し上げたわけでした。これからなお1層勉強いたします。皆様、がんばってください。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ