晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
Ladybirdさま、こんばんは。
こちらこそ、トラバありがとうございます。
イギリス談義もう少し続きます。

>イギリスとは厳密にはイングランドのことなので私は英国と呼ぶことにしています.

イングランドを指しているわけではありません。UKでも分かり難いし、英国またはイギリスを使っています。
投稿者:早雲
金 国鎮さま、こんばんは。

>このブログは過去一ヶ月程は良く見ています。

ありがとうございます。

>このブログは例外的だと思いますが江戸を感じますそして李朝もです。
そして明治・大正・昭和ですね。

江戸時代の日本をワンワールドになった世界のモデルとなり得るとは思っています。
金さんは弊ブログの何から江戸や李朝を感じられたのでしょう?

>残念な事にその基盤が日本人・朝鮮人共に失われつつあります。

共同体意識の崩壊と言うことでしょうか?
投稿者:Ladybird
 こんにちは.トラバありがとうございます.イギリス談義,興味深く拝見しています.イギリスとは厳密にはイングランドのことなので私は英国と呼ぶことにしています.英はイギリスを漢字にしただけなので,これも不適切ですが,良い代案もないので...
 混ぜっ返してすみません.

http://plaza.rakuten.co.jp/tosana/
投稿者:金 国鎮
私は以前色々なブログに書き込みをしましたが、最近はあまり関心がなくて適当に見ているだけです。
このブログは過去一ヶ月程は良く見ています。
政治のブログには日本・日本と連呼するブログが多いのですが、あまり日本と関係がないといつも
思っています。
彼らがいう朝鮮もあまり朝鮮と関係があるとは思えません。
このブログは例外的だと思いますが江戸を感じますそして李朝もです。
そして明治・大正・昭和ですね。
管理人の努力だと思いますが、戦後の日本の教育の中で育った人達にこの努力をするのは大変だと思います。
異なった人種・民族を理解するのが政治であると
思うのはいささか早計でしょう。
朝鮮人を理解するのが政治あると思うのであれば
希望はありませんが、もしそれが彼らが馴染んだ
歌であれば希望はあります。
特に李朝・日本統治時代のものであればなお更です。
残念な事にその基盤が日本人・朝鮮人共に失われつつあります。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ