晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
●「騙されるほうが悪い」という中国人社会。

日本の現政権もこれと似たようなもの。オレオレ詐欺も蔓延。

●中国人の人生訓は「死不認錯」といって、死んでも過ちは認めない。 《正論より》

これも日本と同様。国家機密、企業秘密は墓場まで持って行く。

●中国の国民性「詐・盗・争・私・汚」(嘘をつき、盗み、人と争い、個人の利益を追い求め、汚いことも辞さない) 《中国はもう終わっているより》

これも日本と似たようなもの。

●中韓では、国家や家族にとって都合の悪いことや不名誉なことは隠すのが正義で、そのための嘘は倫理的に正しい「避諱(ヒキ)」という儒教概念を持つ 《林工学博士対談より》

これも日本と似た様なもの。

●黄河文明4千年の歴史は常に戦争であり、その中を生き延びるにはあらゆる謀略や嘘が許されるという認識が普遍化している。

これも似ている。

●中国人は、嘘を1度言ったら、それが本当と分かるまで嘘をつき続けます。
 日本人にはどんなに用心しても見抜くのは難しい場合があります。嘘がばれた時には、また別の嘘を用意して平気で嘘を繰り返します。
 そんな訳で中国では誰もが嘘を付くので、誰も信用出来ないという事になります。金が絡むと親戚ですら信用しない。

どれもこれも日本と似ている。

汚い言葉で言えば
「馬の糞が牛の糞を笑う」

ただし、書かれるような中国人には遭ったことが無いが、そのような日本人は出遭ったことがある。
投稿者:中華思想という伝統性質
●「騙されるほうが悪い」という中国人社会。
●中国人の人生訓は「死不認錯」といって、死んでも過ちは認めない。 《正論より》
●中国の国民性「詐・盗・争・私・汚」(嘘をつき、盗み、人と争い、個人の利益を追い求め、汚いことも辞さない) 《中国はもう終わっているより》
●中韓では、国家や家族にとって都合の悪いことや不名誉なことは隠すのが正義で、そのための嘘は倫理的に正しい「避諱(ヒキ)」という儒教概念を持つ 《林工学博士対談より》
●黄河文明4千年の歴史は常に戦争であり、その中を生き延びるにはあらゆる謀略や嘘が許されるという認識が普遍化している。
●中国人は、嘘を1度言ったら、それが本当と分かるまで嘘をつき続けます。
 日本人にはどんなに用心しても見抜くのは難しい場合があります。嘘がばれた時には、また別の嘘を用意して平気で嘘を繰り返します。
 そんな訳で中国では誰もが嘘を付くので、誰も信用出来ないという事になります。金が絡むと親戚ですら信用しない。
●中国は、経済が発展するに従って、外国資本を投資歓迎の対象から「奪う対象」へと豹変していった。
●嘘はメディアだけに限らない。朱鎔基元総理「すべてが嘘。嘘でないのはペテン師だけ」。 嘘はむしろ中国人の伝統文化というほうが正確だ。
 中国人は道徳観念がなく、嘘もつけば謝罪もしないし、想像以上に残酷で言動も剥離して実利的。 《なぜ中国は平気で嘘をつくのかより》
●外交交渉で何を約束しても、それが実行される保証がなく、少し情勢が変われば、たちまち前言を翻す。
 そのときは譲歩するが、隙さえあれば約束を破る。報復を受けると、新しい利権を提供して逃げる。その繰り返し 《歴史頭脳を持っているかより》

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ