晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ym
早雲さま、ありがとう御座います。勉強させて頂きます。

私は経済に関しては全くの素人の、しがない工学技術者です。考えれば考える程、貨幣とは、経済とは何なのか分からなくなってきます。(一体、国の負債とは誰に対する借金なのか…等。”経済成長率”も謎です。)
どんな理想的に思える社会でも、(あたりまえのことですが)その経済的?基盤が無ければ持続的には成立しない訳ですから、なんとかその論理を理解したいと思っています。
(役人だけでなく議員までもが発する"財源が無いから出来ない”論には辟易していますがね。)
ともかく現在の貨幣経済システムではない、なにか別のシステムが必要だろうし、必ず有ると信じています。経済に詳しい方々には、今までの理屈には囚われないで”本当に大事な事は何か”を踏まえて、もっと議論して欲しいです。(珍自由主義者につける薬は有りませんが。)
その時、早雲さまの言われる”需要=供給”が根本原理になるのかな、と想像しますが、まだその重要性を十分理解出来ていません…。いやいや、本業にかまけて?まだ全貌を眺めることさえ出来ていません。(サラリーマンの苦しい所です。)まあ不断の努力は大切ですが、一瞬のシンクロニシティが問題を解決してしまう場合も少なくないので(苦笑)、マイペースで読ませて頂きます。(そんなのんびりした問題ではないと怒られそうですが、まずは”認識”が大事、ということで。)

これからもご指南よろしくお願い致します。
投稿者:ym
正直、感動しました。が、まだその裏づけになる経済論理がどの様なものか想像できません。(ヒントを貰えると大変有りがたいのですが。)
私なりの妄想で、逆の方向から言えば、”低所得でも最低限(とは?)の人間らしい生活が保証される”ことを土台にしない限り、未来の世界はありえない、と思います。なにが人類の進化か、議論の分かれる所でしょうが、少なくとも、”全ての人間が、全ての情報につながりうるデータベースを持って、チームワークを保ちつつ個々人の能力を最大限に生かし、その持って生まれた役回りをまっとうする”ことが、物理的肉体を持つ人間としての極限の目的であると私は考えます。(ちょっとマンガ的な例ですがJPホーガンのSFで”断絶への航海”という小説が有ります。)そこに至る過程を想像すると、この”国民経済主義”によって得られる社会が、一つのステップになると思います。さらに未来には、すべての国でその状態が達成され、自然に世界統一共同体(彼ら、の目論む形では無い)に移行すべきものと想像します。この意味で、例えその様な社会を成立させることが現在は難しそうに思えても、いずれその道筋は必ず開けてくると確信していますが、まずその手本を示すべきが日本で有る資格は十分に有る様に感じます。

いきおいで書いてしまい、かなり勘違いしている所が有ると思います。ご容赦下さい。

PS:先ほど以下のサイトを見つけました。もう数年前からこの様なことが議論されていたんですね。思いつきですが米国の孤立主義とうまく連携出来ないのでしょうか(本質的に違う様な気もしますが)。あとやはり一方で国際軍的な軍事力と国際裁判所が必要になってくるように思います。
http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/index.html

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ