晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
資本主義とは

改めて「資本主義の定義」を一言で表現するならば、「労働は商品である」ということ。
言い換えれば、「人間が商品として扱われる社会」を資本主義社会と言う。
更に言い換えれば、人間=労働者=売買される商品=売買される奴隷と言う事になる。

商品であれば、売れ残る人も出る。需要と供給のバランスで価格も暴落することもある。
三億円の商品も売れなければ価値は無いに等しい。年を取れば無価値と言われ、病気になればやっかいなゴミ扱いとなる。

修正資本主義から真正資本主義に移行した、あるいは移行が完了しつつある日本の運命は、自浄能力が無ければ武力侵略を受けることになるだろう。それを見越しての集団的自衛権ということ。
何を守るのか?。資本主義と言う名の奴隷制と国体と言う名の奴隷制という二重にからめ捕られた奴隷制度を守ろうとしているに過ぎない。その時売れ残った奴隷は、再び最悪の兵奴(兵隊奴隷)にされて地獄道に赴くことになる。日本人も諸外国人も一同にだまされている!!。


と、わたしは予想しているが、当らないほうが良いに決まっている。
広瀬隆氏の、原発時限爆弾説はみごとに当ってしまったけれど。
投稿者:昴
■民主党の業績
・生活保護の母子加算の復活
・高校授業料無償化(高校中退者が半数に)
☆雇用保険の適用拡大
・求職者支援制度の創設
・公務員人件費の削減
☆再エネ法制定や脱原発方針の明言

☆浜岡原発の停止、
・B型肝炎訴訟和解
・諫早湾水門開門の決断、
・湯浅誠さんらを起用しての自殺対策で、自殺者数を大きく減らしたこと
・15年で時効が成立していた犯罪について時効が廃止

・診療報酬が増額されたこと
・地方への補助金の一括交付金化、
☆硫黄島遺骨収集、
・シベリア抑留者への補償、社会的孤立の問題に取り組む社会的包摂のための特命チームの立ち上げ

☆『クールジャパン』で日本を世界に売り出し
・父子家庭に対する児童扶養手当の創設、
☆米軍属について、公務中に重大な事件・事故を起こした訴追可能としたこと、
☆2030年代脱原発
☆「もんじゅ」停止と廃炉
民主党は国民主権を守ってたけど、安倍自民党は、「憲法」、「三権分立」、「労働基準法」を【破壊】。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ