晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
黄昏さま、こんばんは。
>「二酸化炭素の増加が地球温暖化の原因になってるのも事実です。」と断言しているところが気に入らない。

そうですね。温暖化の話と局地的な気象の乱れの話も別の現象でしょうし。


投稿者:黄昏
返信が1ヶ月遅れましたが、やはり温暖化は太陽活動が一番の原因なのですね。
地元のスーパーで一定時間ごとにアイドリングストップを促す放送が流れるのですがそこで「二酸化炭素の増加が地球温暖化の原因になってるのも事実です。」と断言しているところが気に入らない。
投稿者:早雲
黄昏さま、こんにちは。
はじめまして、コメントありがとうございます。

kaetzchenさま、こんにちは。
地球全体の気温に一番影響するのは勿論太陽活動であり、目安としては黒点数です。あともう一つは、地球内部の状態でしょうが、ここはあまり研究されていないのでしょうか。


投稿者:kaetzchen
>黄昏さん

そこって,有名な「トンデモ科学」サイトですよ(笑) 一番肝心なのは,なぜ水系に二酸化炭素が溶けなくなったか,という問題ですね。同様に,太平洋の中心などにある,植物プランクトンがまったくいない海域が存在していること,またそこの海流が三次元的にどのように流れているか,という問題の方が優先課題かと思います。なぜならば,空気中のガスやその成分を測定するには,高空におけるラジカルなども考慮に入れなくてはならず,パラメータが多すぎてデータ処理が大変だからです。

猛暑かどうかは単純に地域的なものが多いです。早雲さんの言われるコンクリートジャングルやアスファルトジャングルを少しでも減らして,熱の逃げ道を作ることが地上でできる最も効率の良い逃げ方だし,公共工事として予算を組むことも可能です。

# 地球に入ってくるエネルギー云々は単純に太陽活動の問題と混同してるんですよ(笑) 丸善の「理科年表」という本に詳しく載っています(もうすぐ最新版が出るけど)。

http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:黄昏
私はROM専門ですが、
http://www.ihope.jp/global-dimming.html
これによると太陽光線が減少していたのが有害物質の規制により増加に転じた。
それによってエネルギーが増えて猛暑になるようになったと。
上のサイトでは二酸化炭素が・・・と言う典型的な温暖化論の話ですが地球に入ってくるエネルギーが増えているのなら暑くなるのも分かります。
投稿者:アルバイシンの丘
kaetzchenさん  色んな見方があるんですね.参考になります.ご教示ありがとうございました.
早雲さん
>昭和30年代の日本の風景を取り戻せれば
ということですね.母の田舎が農村だったので,農業が元気な頃を見て知っています.あの頃がほんとに懐かしいです.そのうちに記事にしようと思っています.あの頃を思い浮かべると熱いものがこみ上げて来るんですよ.
投稿者:早雲
ましまさま、こんばんは。
>二酸化炭素説は私も?ですが、さりとはいえアメリカの化石燃料浪費も?ですね。
環境問題の本質は大気水循環・物質循環の破壊です。二酸化炭素排出を多少削減してみても解決にはなりません。まして、それを理由に原発を増設などしては取り返しのつかない環境破壊を招きます。

アルバイシンの丘さま、こんばんは。
>水田復活は一石多鳥の効果があるように思うのですがどうでしょうか.
>河川のコンクリートも引っ剥がしたいですね.それから森の復活も忘れないようにしなければ.
同意です。昭和30年代の日本の風景を取り戻せれば、夕立も復活するのでしょう。

kaetzchenさま、こんばんは。
>単純に自然を戻せと言えば,自然災害が都市で頻発するということも併せて考えておかねばなりません。
もちろん、都市の規模も自然の受容可能容量に合わせて縮小分散せざるを得ないと思います。

>結論としてはほとんど一致してますね。問題は利権などが絡むため,方法論をきっちり固めることが難しいということじゃないかな。
そうですね。でもその前に危機意識を共有できるかどうかが問題ですね。
投稿者:kaetzchen
>早雲さん

結論としてはほとんど一致してますね。問題は利権などが絡むため,方法論をきっちり固めることが難しいということじゃないかな。

あとは3大都市圏が典型的なんですけど,広い平野に発達した都市にコンクリートが多すぎ,熱が貯まったままになることで熱帯夜が継続することかな。個人的には気候的に一番蒸し暑くて住みにくい所は大阪平野じゃないかと思ってたりします。名古屋は旧市街を外れると少しましになりますね。問題は東京です。水源をもう一つ確保しないと,冷却用の「小川」を張り巡らせるのは難しいような気がします。要するに,田んぼと違って,常に流れている水でないと効果が少ないし害虫がわいたり洪水時に床上まで水が来たりする。

名古屋に居たときは初めて洪水を経験したのですけど,皆さん意外と冷静だったのが不思議でした。沖縄の台風や北国の大雪のように手慣れているという感じ……。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:kaetzchen
>アルバイシンの丘さん

水田は確かに熱を吸い取る役割や保水機能もありますけど,代わりに蚊などの衛生害虫の住処にもなります(但しある程度の濃度の銅イオンを含ませれば,蚊の発生は防ぐことは可能です)。

あとは釣り合いつまり生態系の問題だと思いますよ。分かり易い例が,京浜急行や都営浅草線に大量に飛び交う昆虫たちです。終点が千葉ニュータウンというゴーストタウンのため,駅や電車の灯り目指して昆虫が入り込んでくるんですよ。

河川のコンクリートも意味なしに護岸工事をしているかどうかは,堤防の高さと関係があります。そういう意味では,単純に自然を戻せと言えば,自然災害が都市で頻発するということも併せて考えておかねばなりません。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:アルバイシンの丘
貴重なご紹介,大変参考になりました.水田復活は一石多鳥の効果があるように思うのですがどうでしょうか.水田は確かに人工的な自然で,農薬も問題ですが,保水機能と食料の増産,農村への人口分散,余るようであれば海外飢餓対策用.今までODAでうまい汁を吸っていた企業は損になりますが,日本の農業が元気になれば日本人の心も落ち着くのではないでしょうか.採算的にはODAに使っていたお金を回すことでどうでしょう.
河川のコンクリートも引っ剥がしたいですね.それから森の復活も忘れないようにしなければ.
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ