晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
下記に関連して、更に申し上げれば、たまたま家はBSにも加入してしまいましたが、BSに加入していない世帯にとって、NHK地上波によるBS番組の「番宣」は完全に無駄なものです。
BSへの加入をお願いするならまだしも、勝手にBSに加入していない世帯にもBSの「番宣」を執拗に行う。
これは、明らかに優越的な地位の濫用でしょう。
公正取引法違反ではないのでしょうか。
こういう詐欺商法のようなことを、視聴者の(半強制的)受信料収入によって成り立っている公共放送が白昼堂々やっていて良いのでしょうか?
最近のNHKの画面上の顔であるアナウンサーの面々のあのいかがわしい顔は何でしょうか?
やはり、人間、後ろめたい部分があると表情に出てくるのです。
冷や汗が滲んだような、落ち着かない表情の男性アナウンサー、やたらと媚びを売る感じの女性アナウンサー。
観ていて非常に不愉快です。
こういう胡散臭い集団をこのまま野放しにしていて良いのでしょうか?
NHKの堕落と政治経済の堕落はやはりリンクしていると思いますね。
官僚の堕落振りも、NHKを観ていればおよそ想像はつくのです。
投稿者:にいのり
NHK(内閣報道機関?)の受信料とやらの支払いを保留(一時的停止)する法的根拠は当然あるでしょうし、私、前々から思っていたのですが、NHKには、その徴収した受信料の一部を返金する義務も生じているのではないかと(法的根拠は未調査ですが)。
というのも、NHK-BSなる有料放送が始まって以来ですか、地上波の中で大量のいわゆる「番宣」を垂れ流し始めたのは。
これ、経済行為、商行為として、どうなのかと言いたい訳です。
BSのスタッフが(報道局以外)頑張っているのは観れば分かりますが、だからといって、「番宣」を野放しで良いのか。
民放の肩を持つ気などさらさら有りませんが、しかし、商行為として民放は、企業(商品)広告をし、その広告費によって見掛け上無料で視聴できる仕組みになっているわけですよね。その広告枠(CMを流すための時間枠)は、局の経営にとって最も重要な時間枠でもあるわけでしょう。
そういう、番組枠を削って設けている広告枠をNHKだけが使い放題というのは如何なものか。
今、NHKはほぼ24時間放送しておりますが、「番宣」に用いた時間分は、きちんと算出して視聴者に返金手続きを始めるべきだと思いますが、いかが。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ